ビジネスセンスの磨き方  バランスの取れた行動

画像: MIKI Yoshihito

2019.05.20

営業・マーケティング

ビジネスセンスの磨き方 バランスの取れた行動

猪口 真
株式会社パトス 代表取締役

ビジネスの場面だけではなく、あらゆる人生の場面においてバランスがとれている状態は美しく、間違いなくセンスを感じさせてくれるものだ。 ビジネスにおける「バランス」とはなんだろうか。

ビジネスの場面だけではなく、あらゆる人生の場面においてバランスがとれている状態は美しく、間違いなくセンスを感じさせてくれるものだ。

仕事で、「あいつは仕事はできるのだが勤務態度がダメだ」「プレゼンテーションはうまいのだが、数字に弱い」という評価は、決してありがたいものではない。

もちろん、バランスが取れているというのは、低いレベルで取れていても意味はなく、高いレベルでバランスが取れているということだ。

半面、「何事にも中途半端な人生は送りたくない」「極端な生き方こそ魅力ある」「何かひとつに打ち込む姿こと美しい」「人とは違う能力こそが求められていることだ」という見方もある。何かに特化したスキルや能力こそが厳しい時代のなかでは必要なことだろう。特化した領域で自分を賭けてみることは、本人の自由だし、チャレンジ自体は悪いことではない。何か強力な取り柄は、私たちのビジネスの成功を助けるし、誰にも負けない専門領域を持つことは歓迎すべきことだ。

ただし、我々の生きるビジネスの領域では、少なくとも、何かひとつ大きな欠点があること、あるいは、ある事柄への執着のし過ぎや行動の極端な偏りといったことのほうが、仕事で失敗したり、信頼を失ってしまうことのほうが多いと感じる。

(スーパースターと仕事する機会が少ないとも言えるが)

食事や運動もそうだ。バランスの取れた栄養や運動が身体にいいのは誰でもわかっていることだ。

すべてをバランスのとれた視点によって判断し、様々な活動をバランスよくこなしたうえでの「得意技」を持つことが何より重要だ。だから、企業は新人に対して、学生時代に失ったバランスを取り戻すために、多岐にわたった新人研修やトレーニングに力を入れる。

バランスの取れた活動とは

ビジネスにおける「バランス」とはなんだろうか。

前述したような、バランスのとれたビジネススキルを持つことも大切なバランスのひとつだが、我々が最も重視しなければならないのは、ビジネスにおいて長期的に成長していくために、現在の活動にバランスが取れているかどうかだろう。営業ならば、同じ顧客に同じ話ばかりしていては、そのうちに飽きられてしまうし、同じクオリティと価格が続けば、競合先も黙っていないはずだ。常に、新しい付加価値を提供し続けることができなければ、継続的な成長はありえない。

つまり、自分自身が成果を生み出すバリューチェーン(付加価値を生み出していく仕組み)を少しずつでも大きくしていくことができるかどうかだ。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

猪口 真

株式会社パトス 代表取締役

すべてのナレッジワーカーがコンテンツを考え、発信する時代です。あなた(会社)のコンテンツをともに考えましょう。

フォロー フォローして猪口 真の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。