ポイントを使った株式投資スタート! 熾烈きわめるポイント合戦!

画像: ※写真はイメージです

2019.04.18

ライフ・ソーシャル

ポイントを使った株式投資スタート! 熾烈きわめるポイント合戦!

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

買い物などでたまったポイントを、投資にまわすサービスが広がっている。新規顧客が欲しい証券会社と、カードのさらなる普及をめざすカード会社、その思惑が合致しての急展開だ。 そうした流れの中、3月20日に「Ponta(ポンタ)」のポイントを使った4月からの株式投資運用サービスの開始が発表され、注目を集めている。2019年2月末時点でPontaの会員数は8998万人にのぼるとされている。これは大きなシェアだ。そこで、ポイントで投資とはどんなものなのか……、競合他社はどんな動きを見せているのか……、さっそく調べてみた。

投資初心者の心を揺さぶる? Pontaポイントの株式投資

大方の消費者の財布には、何種類かのカードがたまっているのではないだろうか。カードはリピーター顧客の証でもあるので、業者が取り込みをめざすのは当然だ。そのため、大手クレジット会社はもとより、百貨店やスーパーなどの流通系カード、コンビニエンス系のカードなど、数え上げればきりがない。
そしてほとんどのカードにサービスとしてついてくるポイント還元は、付加価値の代表といえる。

そうした消費者の奪い合い合戦のさなか、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤルマーケティングと、株価連動型ポイント運用サービス提供のストックポイント社が業務提携を発表。8990万人(2019年2月末時点)のPonta会員を対象に、企業の株式銘柄にポイントで投資・運用ができるサービス「Pontaポイント運用」のスタートだ。

しくみはとても簡単(Pontaポイント株式運用のイメージ図参照)。


ローソンや街の商店の買い物などでたまったPontaのポイントを最小20ポイントから株式銘柄に投資することができる。選んだ銘柄の株価が変動するたびに、それに応じてポイントの価値も刻一刻変動し、増えたり減ったりすることになる。口座開設の必要はなく、Pontaの会員ならだれでも利用できる。投資先の銘柄をあらためて再検討したり、あるいは株式への運用をやめたいと思えば、「未使用ポイント」に移して、投資していない状態に一時退避することも可能。

証券口座も現金も不要。学生もできる投資体験

これまで株式投資に興味はあったもののなかなか実行には移せなかったビギナーでも、比較的リスクが少なく、安心して投資・運用を体験することができる。とりあえず、サービス開始の投資先として、Pontaの提携社を中心に9銘柄が予定されている。

投資したポイントや未運用ポイントは、20ポイント単位でPontaポイントに戻すことができるので、うまくいけば投資の運用で増えたポイントを使って、あらためて買い物をすることができる。
ただし、運用ポイントを戻す際には5%の手数料が発生する。また、6月1日以降には銘柄ポイントへの運用手数料も発生する予定なので、その点も注意しておきたい。

3月20日に、2社は合同記者発表を開催。
ストックポイントの代表取締役の土屋清美氏は「今回のPontaポイント運用は、業界でも初となる画期的な試みで、このサービスを利用することは、少額の株式を持つのと同じ体験ができる」とし、資産がなくても気軽に株の運用ができ、それを通じて株式投資の魅力を実感してほしいと語っている。

次のページTポイントカード、ANAマイレージでも投資が可能

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。