広がるオーガニック食品市場。東京五輪も追い風に

2019.02.08

ライフ・ソーシャル

広がるオーガニック食品市場。東京五輪も追い風に

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

消費者の健康志向・安全志向の高まりとともに、オーガニック食品への注目が高まっている。 さまざまなアレルギーやウイルスに悩まされている現代人にとって、「何を食べるか」は非常に大きな問題なのだ。 もっとも、欧米諸国では一般的になりつつあるオーガニック食品も、日本ではまだまだ“ニッチ”マーケット。しかし、最近は日本国内においてもオーガニック食品への見方も変わってきているようだ。そこで、いま注目されるオーガニック食品市場の展望を探ってみよう。

堅調な伸びを見せているオーガニック食品市場

そもそもオーガニックとは、農薬や化成肥料、遺伝子組み換え技術に頼らず、太陽、水、土、そしてそこに生息する微生物などの自然の恵みを活かす農林水産業や加工方法のこと。その方法で生産された有機食品がオーガニック食品ということになる。

オーガニックだから必ずおいしくて安全だとは言いきることはできないが、人工的な製法で作られる製品に比べればリスクが低く、安心して食べられる食品と言える。

矢野経済研究所の調査によると、2017年の国内オーガニック食品の市場規模は、前年比102.3%の1785億円。ここまで、年率1~2%増で拡大を続けているという。

また、小売業者やホテル・外食業者などの100社を対象としたアンケート調査では、オーガニック食品を「常に取り扱い/使用している」と答えた業者は49.0%。「時節によっては取り扱い/使用することがある」の6.0%と合わせると、取り扱っている業者は全体のおよそ半数。逆に「取り扱ったこと/使用したことはない」と答えた業者は44.0%だった。

確実に、オーガニック食品への注目度が高まってきていることがわかる。

オーガニック食品市場が拡大している5つの理由

オーガニック食品市場が拡大している理由については、以下のようなことが考えられる。

【理由1】女性だけでなく男性の意識が高まってきている
これまでは女性が関心を示すことが多かったオーガニック食品だが、特に20〜30代の男性の意識が高まってきている。食に対する安心・安全志向は、若い男性にとっても気になることになりつつあるのだ。

【理由2】ショッピングの間口が広がっている
以前は高級スーパーなどでしか手に入らなかったオーガニック食材が、一般的なスーパーなどにも専用コーナーが設けられるようになっている。また、インターネット通販でも気軽に購入できるようになり、オーガニック系外食の店舗も増加している。
クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ
【理由3】専門店が増加している
大手流通企業などが展開するオーガニック専門店が増加している。

関東地方、近畿地方にスーパーマーケットを展開するライフコーポレーションは、2016年、大阪市にオーガニック専門店「ビオラル」を出店。日本初の本格的なオーガニックスーパーとして注目を集めている。

イオンとフランスのビオセボンの合弁会社は、東京・神奈川に8店舗の「ビオセボン」を展開。化学肥料を使わない野菜、添加物を使わない食材などを扱う専門店が人気を集めている。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。