新素材のプラ代替品が続々登場 。「脱プラ」潮流に商機を狙う素材メーカー

2018.12.03

ライフ・ソーシャル

新素材のプラ代替品が続々登場 。「脱プラ」潮流に商機を狙う素材メーカー

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

プラスチックごみによる海洋汚染が世界的に問題となる中、プラスチック製ストロー使用廃止の動きが急速に広まっていることは、すでに皆さんご存じだろう。 2018年7~8月には、大手飲食チェーンの「スターバックス」「マクドナルド」「ガスト」や、家具販売大手の「イケア」が、プラ製ストローの提供・販売中止を相次いで発表。続く10月には、自民党が党本部の会議や食堂でプラ製ストローの使用を禁止すると表明し、レジ袋に関しても2020年までに有料義務化する方針を明らかにした。 そこでいま注目されているのが、従来のプラスチックに代わる新素材の代替品だ。国内の化学・製紙メーカーも代替品の需要拡大を見すえ、紙や植物を由来とする新素材の開発・製品化に力を入れはじめている。今回は、「脱プラ」潮流に商機を狙う各メーカーの動向を追いながら、私たちは代替品といかに向き合っていくべきなのか考えてみたい。

【記事元】
日本クラウド証券株式会社 https://crowdbank.jp
日本クラウド証券メディア マネセツ https://manesetsu.jp

【転載元】
リーダーズオンライン(専門家による経営者のための情報サイト)
https://leaders-online.jp/

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。