実践コンセプチュアルスキル[4]~名言を咀嚼して図化する

画像: Sig.

2018.08.20

仕事術

実践コンセプチュアルスキル[4]~名言を咀嚼して図化する

村山 昇
キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

ロバート・カッツが半世紀以上も前にその重要性を指摘したコンセプチュアルスキル。このシリーズは、物事の本質をとらえる抽象化・概念化の思考をどうみずからの仕事や事業、キャリアに生かすかを考えていきます。

概念的なモデル図の究極は、仏教世界の「マンダラ(曼荼羅)」です。ブッダの説いた教えを一枚の絵に表わしてしまうという凝縮ぶりです。そこには巧みな隠喩や暗号が満ちています。

「Less is more.」───いかに少なく描き、いかに多くを湛えるか。コンセプチュアル思考によるモデル図で肝に銘じたい観点です。


Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

村山 昇

キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

人財教育コンサルタント・概念工作家。 『プロフェッショナルシップ研修』(一個のプロとしての意識基盤をつくる教育プログラム)はじめ「コンセプチュアル思考研修」、管理職研修、キャリア開発研修などのジャンルで企業内研修を行なう。「働くこと・仕事」の本質をつかむ哲学的なアプローチを志向している。

フォロー フォローして村山 昇の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。