友人という関係に甘えすぎないのが、できるビジネスマンの資質。

2008.02.24

ライフ・ソーシャル

友人という関係に甘えすぎないのが、できるビジネスマンの資質。

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

友人だから、甘えられる。 友人だから、甘えない。 本当の友人にはーあなたなら、どうしますか?

「あ、寺西が推薦するんだったら、自分も興味があったんで買いますよ」

となる人は、できるビジネスマンですし、これからも「友人」でいたいと思える人です。

出版社内の人でも…。
ちょっとだけ興味がある出版物が自社から出ると、先に「もらえない?」が口に出る人、で、もらえない、とわかると読まない人…どうかと思うんです(まぁ、Z会には余りいませんけど)。
興味関心の領域だけ大きく、実際の行動に結びつかない「ねぇねぇ教えてよ」さんにこのタイプが多いでしょうね。

僕自身、仕事に関係がなく実際に読みたい本、あるいは、他人に薦めたい本が自社から出れば、書店で購入しますもん。
※最近では、Z会発刊の『本当の「国語力」が身につく教科書』を実際に3冊書店で購入し、小学生のお子さんがいらっしゃる友人にプレゼントしましたし{笑顔}
上記本のアマゾンでの購入はこちら

記で紹介した鷹姫さんのメルマガでは、Yさんが百貨店の社員だと知った瞬間におねだりする「そのときだけ友人ちゃん」も紹介されていました。
「そのときだけ友人ちゃん」は、きっと本当の友人、いないんじゃないでしょうかね。

決して「友人関係を利用するな!」と言っているわけではありません。
都合のいいようにばかり利用するな、そういうことです。
そして、都合のいいようにばかり「(表面上の)友人関係」を利用してきたビジネスマンは、何かの拍子にその利用ができなくなったとき、ビジネスが一気に破綻する、きっとー

また、できるビジネスマンの場合、「自分が利用したいときに利用する」のではなく、友人の方からおのずと、「あいつの助けになるかな~」という手が差し伸べられるのが常ではないでしょうかね。

余談ですが、僕は「友人」と思える方が本を出版したとき、ほぼ必ず自分で購入します。
そして、友人が気を利かせて「献本」してくれたときには、読んで欲しい人にプレゼントします。
それが、なんか、心地いいんです。

毎日ブログ更新中!→http://www.zkaiblog.com/histaff/

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。