プロフェッショナルの原義は「宣誓する人」

2018.06.10

組織・人材

プロフェッショナルの原義は「宣誓する人」

村山 昇
キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

民間企業や公的機関における不正・不祥事のニュースは絶えることがありません。それらは高度な知識・技能をもったプロフェッショナルたちによる意図的操作が原因ですが、このことはそもそも「プロフェッショナル」の原義である“社会に倫理を誓う”ことに反しています。

民間企業や公的機関における不正・不祥事のニュースは絶えることがありません。犯罪的営利行為、非倫理的行為などの原因は組織ぐるみのものもあれば、一従業員や一管理者、一経営者によるものもあります。しかし根っこは一職業人の中の職業倫理欠落(あるいは欠陥)によって引き起こされます。

倫理・道徳などというのは、経済がますます利益獲得ゲーム化する中では、抹香くさいテーマとなり敬遠されがちになるものですが、働くことを考えるうえではここを避けて通ってはいけません。特に自身を「プロフェッショナル」と自認する人にとっては、です。なぜなら、「倫理を誓う」ことが「プロフェッショナル」の原義だからです。


◆プロフェッショナルとは“宣誓する人”
「プロフェッショナル」という言葉は、現在では拡大解釈され、いささか大安売りされている感がありますが、もともと「プロ」と呼べる職業はきわめて限定的でした。

ジョアン・キウーラ著『仕事の裏切り』(原題:The working Life)によると、プロフェッショナルという言葉は、もともと“profess”=宗教に入信する人の「宣誓」からきていて、やがてそこから、厳かな公約や誓いを伴うような職業をプロフェッショナルと呼ぶようになったといいます。

中世に存在した数少ないプロフェッショナルは、聖職者や学者、法律家、医者でした。彼らの仕事の特徴は、仕事における個人や組合・協会の自律性と、私欲のない社会奉仕精神・公約の精神です。プロフェッショナルの仕事は無報酬を理想とし、お金を稼ぐために仕事をするのではなく、仕事をするために必要な経費だけを頂戴するという意識でした。

その意味から、社会学者のタルコット・パーソンズは、「(こうしたプロフェッショナルの厳格な定義に照らすと)企業管理者は決してプロになれない」と主張した。なぜなら企業におけるビジネスマンは、基本的に利己的な利益獲得行動に走らざるをえないからです。

◆我欲を排し利他を誓う『ヒポクラテスの誓い』
欧米の医学会では、いまでも医師になるときに『ヒポクラテスの宣誓』を行なうしきたりを残すところがあります。

ヒポクラテスは、紀元前400年ころに活躍した人で、ソクラテスやプラトンと同世代のギリシャの偉人の一人です。「人生は短く、学芸は永し。好機は過ぎ去りやすく、経験は過ち多く、決断は困難である」との有名な言葉は彼のものです。ヒポクラテスは、当時の医術の発展に多大な貢献をしただけでなく、後世の医の倫理の礎を築きました。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

村山 昇

キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

人財教育コンサルタント・概念工作家。 『プロフェッショナルシップ研修』(一個のプロとしての意識基盤をつくる教育プログラム)はじめ「コンセプチュアル思考研修」、管理職研修、キャリア開発研修などのジャンルで企業内研修を行なう。「働くこと・仕事」の本質をつかむ哲学的なアプローチを志向している。

フォロー フォローして村山 昇の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。