巨人Amazonが手がける「Amazon go」と「融資事業」とは?

2018.05.24

経営・マネジメント

巨人Amazonが手がける「Amazon go」と「融資事業」とは?

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

こうしてパソコンでインターネットを駆使している方なら、ほとんどだれもが知っていて、また、使ったことがある巨大通販事業を手がけるAmazon。 その勢いはすさまじい。 Amazonが手がける新規事業は私たちの常識を打ち破る斬新なものばかりで、その成長ぶりはまさに「右肩上がり」の形容がふさわしい。そうしたAmazonの躍進と、新たな事業について今回は取り上げるが、その一方で危機感を募らせているのが国内の大手流通業者だ。しかし、彼らも手をこまねいて見ているだけではなく、「打倒Amazon」を掲げた攻勢にうって出ている。 そこで今回は、巨人Amazonが手がける新たな事業領域をご紹介したうえで、Amazonへの反撃体制に入った日本企業の実態を、2回に分けて報告しよう。

世界で20兆円、日本で1兆1300億円を売り上げるガリバー企業

少し前に2017年12月期のAmazonの業績が発表になった。全世界での売り上げは、日本円にして約19兆3873億円で、前期比30.7%増。純利益は、27.9%増の約3305億円で、増収増益ということになる。そのうち日本での売り上げは1兆3335億円で、前期比14.4%増となっている。

この業績の中で、世界的に顕著な伸び率を記録しているのは、
■ 家電製品(85億ドル以上)
■ ホーム&キッチン用品(55億ドル以上)
■ 書籍や電子書籍(50億ドル以上)
■ スポーツ&アウトドア用品(40億ドル以上)……などとなる。

一方、売り上げではおよばないものの、急激に業績を伸ばしているジャンルは、
■ 高級化粧品(前期比47%増で4億ドル)
■ 日用品(前期比38%増で5億ドル)
■ 食料品(33%増で15億ドル)
■ 家具(前期比33%増で15億ドル)……などとなる。
逆に、かつて売り上げの中心を占めていた本や雑誌の関連商品の伸びは鈍化しており、むしろ幅広い日常製品の需要はシフトしていることがわかる。


クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

日本での売上高推移は、グラフ(Amazonジャパンの年度ごとの売り上げ推移)のとおり。一見してわかるように業績は堅調に推移し、2010年当時に437億円だった売り上げが、2017年には1兆3335億円に伸び、この7年で約300%の成長を記録している。これぞまさに「右肩上がり」だ。中小企業ならいざ知らず、これほどの規模の企業でこのような成長はなかなかあるものではない。

「顧客は常に正しい」。ジェフ・ベゾスの理念

インターネットを通じて、小規模の書籍通販を立ち上げたAmazonが、今日の巨大企業に成長したのは、創業者ジェフ・ベゾスの優れた商才と知性に拠るところが大きいといわれている。

彼は、Amazonの企業コンセプトとして「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」を掲げ、また自らの理念として、「顧客は常に正しい」といつも周囲に語っていたという。
Amazonが最初に商材として手がけた書籍は、他の商品とはやや異質。書籍は新しい商品だけに最大の価値があるわけではない。むしろ町の書店ではなかなか手に入りにくい古い商品に価値があったりする。それは例えば、30年前に刊行された女優の写真集がほしいというケースだ。書籍にはこうしたニッチな商品を求めるユーザーもいまだたくさんいる。

次のページレジなし、従業員なし、行列なしのコンビニ「Amazon...

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。