2014年には2235枚もの偽札が!話題の偽札事件と、日本の紙幣偽造防止技術

2018.02.20

IT・WEB

2014年には2235枚もの偽札が!話題の偽札事件と、日本の紙幣偽造防止技術

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

今年に入って、ネットニュースなどで話題になっているのが偽札事件だ。 1月21日には、中国広東省で公安当局が日本円にして約37億円の人民元の偽札を押収したと報じられ、日本の池袋でも偽の1万円札を使用したベトナム国籍の容疑者が逮捕。 またtwitterでも偽札が出まわっていると話題になっている。 いずれも穏やかな話ではないが、お金の歴史はその誕生のころから“偽もの”との戦いの歴史でもあった。そこで、実態がないネット上の仮想通貨が脚光を浴びる今、あえて紙幣の偽造防止の技術について説明しよう。


≪記事作成ライター:林 明≫
翻訳通訳会社などでの勤務を経て、現在は専門誌の出版社で編集記者として取材、執筆に従事。海外留学時に、日々の暮らしの中で物価が急激に上昇していくのを目の当たりにし、「生活とお金」に興味を持つ。

【記事元】
日本クラウド証券株式会社 https://crowdbank.jp
日本クラウド証券メディア マネセツ https://manesetsu.jp

【転載元】
リーダーズオンライン(専門家による経営者のための情報サイト)
https://leaders-online.jp/

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。