「努力は裏切らない」 教会音楽に魅せられた少女が世界的オルガニストになるまで オルガニスト 井上圭子

2017.09.15

経営・マネジメント

「努力は裏切らない」 教会音楽に魅せられた少女が世界的オルガニストになるまで オルガニスト 井上圭子

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

音楽会が開かれた広いホールで。あるいは結婚式が行われた教会で。パイプオルガンが奏でる荘厳かつ柔らかな音色を耳にしたことがある人は多いだろう。世界で活躍する日本人オルガニストの井上圭子さんは、少女時代からオルガンの魅力にとりつかれ、不断の努力を重ねて今の地位を得たという。 「先が見えないからこそ、一生懸命やってきた」と語る井上さんの生き方には、ビジネスマンである私たちも大いに学ぶべきものがある。動画サイトなどで改めてパイプオルガンの音色を確認しつつ、井上さんの話に耳を傾けてみよう。 (聞き手:仙石実・公認会計士、税理士/構成:株式会社フロア/協賛:リリア音楽ホール)

仙石)事前準備が非常に重要ということですね。不断の努力を重ねていても、演奏会で緊張するようなことはあるのでしょうか。

井上 メチャクチャあります。やめたくなったり、引き受けなかった方がよかったと思ったり、そういうこともあります。そうした緊張を拭うために、時間をかけて準備して備えます。技術的な練習に加えて、オルガンに向かっていると発見もあります。

仙石)繰り返すことで、新しい何かが発見できるということですか?

井上 私たちが与えられているものは、作曲者が残した楽譜です。まずは楽譜を忠実に読み、そこからさらに自分の音楽としてクリエイトしていきます。楽曲や作曲家について勉強し演奏しているうちに、作曲家の意図が少しずつ分かったり、発見があったりするのです。

最高の遊びと言える境地

仙石)楽譜から「音楽」を紡ぎ出すために、日々、練習をされているのですね。長年演奏を続けることができた理由はありますか?

井上 私にとってオルガンは「最高の遊び」でもあるのです。楽しいことは他にもいっぱいあります。でも、やはり一番楽しいのはオルガンだと思えるのです。最高に楽しめて、最高に飽きない遊び。

楽器を「演奏する」という動詞は、英語で「play」といいます。この言葉には「遊ぶ」という意味もあります。私にとってオルガンの演奏は仕事ですが、同時に最高に楽しめる「遊び」でもあるのです。

先ほど「楽しい」と言いましたが、何をやるよりも「好き」といえるかもしれません。この年になって、余計にそう思えるようになりました。

仙石)素晴らしいですね。きっと苦しい時期もあったのではないでしょうか。「遊び」と思えるようになるまでには、どんな経緯をされましたか?

井上 ずっと夢を追いかけて走ってきました。しかし、ようやく今落ち着きながら、「究極の遊びだ」と思えるところにまできました。先が分からない状態で、毎回目の前にあることにチャレンジし続けながら、ここまできたという感じです。先が分かっていないからこそ、一生懸命にやってきたのかもしれません。

演奏の依頼があると、時には「できるかな?」と、不安になったこともありました。勉強して、練習して、成功させ、また次のものに向かう。その繰り返しです。与えられたことをずっとやってきただけですが、運も良かったのですね。

周りの方々や、演奏を聴きに来てくださるお客さまに支えられたことが大きかった。聴いてくださる方がいて、ようやく私たちのやっていることが活かされるのです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。