マーケティングオートメーションの導入ステップ(後編)

2016.12.08

IT・WEB

マーケティングオートメーションの導入ステップ(後編)

チーターデジタル 株式会社
チーターデジタル株式会社

マーケティングオートメーションの初期導入について前編では、以下1~3のステップのお話をしました。 後編では、メッセージクリエイティブの制作以降のステップについてお話します。

  1. ビジネス要件定義
  2. キャンペーン要件定義
  3. データ要件定義
  4. メッセージクリエイティブの制作
  5. システムの実装・設定
  6. メッセージ配信のテスト
  7. 本格稼動


4.メッセージクリエイティブの制作

マーケティングオートメーション用のメッセージ制作に求められるスキルはズバリ、作り分けの力と言えるでしょう。単発のメール配信と異なり、ターゲットセグメント、シナリオ、チャネルの組み合わせにより、多数のメッセージパターンを用意しなければなりません。シナリオ全体を俯瞰しながら個別キャンペーン用のメッセージを書き分け、かつそれぞれがユーザーにとって見やすく分かりやすいデザインになっているかに配慮する。レベルの高いライティング力、デザイン力、編集力が求められます。加えて、そもそもそのマーケティングオートメーションシステムで配信・運用可能な仕様になっているか、ユーザーの環境で正しく表示できるフォーマットなのかなど、マーケティングオートメーションならではのチェックポイントがあるのです。


5.システムの実装・設定

マーケティングオートメーションはデータベース上の値をトリガーにしてメッセージを配信します。まずデータ要件定義書に沿って、データを格納するテーブル、データフィールドをシステム上に設定します。将来利用する追加シナリオの可能性やデータ項目の拡張性を見込んで、自社データベースの構造をそのままマーケティングオートメーションシステム上に欲張って設定すると、データベースが複雑になり、実装期間の長期化や運用時の設定難易度を上げ、配信パフォーマンスを下げてしまうことになりかねません。データの格納場所が準備できたら、テストデータを用意し、設定どおりにデータが正しいフォーマットで格納されるかを確認します。対象者の情報がズレなく格納されているか、文字化けデータはないかなど入念なチェックが欠かせません。LINEなど複数のチャネルを利用する場合は、LINEビジネスコネクトとの接続など、チャネルごとにシステム接続とデータベース設定が必要です。

データの準備が出来たら、キャンペーンとクリエイティブの設定です。
事前のキャンペーン要件定義にそって、誰に(ターゲット抽出のためのフィルター設定)、
何を(キャンペーン別の配信メッセージ割当や個別情報の差込条件)、いつ(配信開始条件の設定)、どのチャネルで(チャネル割当)配信するのかなど、システム画面を操作しながら設定していきます。マーケティングオートメーションシステムは、設定画面上でフィルター条件の対象者人数表示や、クリエイティブのプレビューなどの機能がありますので、設定の正しさや妥当性を判断しつつ設定作業を進めていきます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

チーターデジタル 株式会社

チーターデジタル株式会社

1999年12月設立。グローバルでクロスチャネルマーケティング支援を行うチーターデジタルグループとしての強みと、日本国内での累計5,300社以上の取引実績を生かし、マーケティングサービスを軸に事業を展開。マーケティングオートメーションやメールマーケティングソリューション、およびそれらに関連するコンサルティングサービス・導入支援・業務分析などを提供しています。

フォロー フォローしてチーターデジタル 株式会社の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。