三菱自動車の不正燃費問題の背景にある構造変化

画像: shibainu

2016.05.20

経営・マネジメント

三菱自動車の不正燃費問題の背景にある構造変化

野町 直弘
株式会社クニエ プリンシパル

三菱自動車の不正燃費問題の背景には自動車市場と自動車そのものの2つの構造変化があり、その構造変化に追従できていないことがあるというお話。

三菱自動車の不正燃費問題は日産自動車による三菱自動車への出資という形にまでつながってしまいました。今回の問題については三菱自動車の企業風土について問題指摘がなされたり、CSRを重視しない企業は事業存続が危うくなるなどの社会的な環境変化を印象づけるものと言えます。
一方で背景には自動車市場の構造変化と自動車そのものの構造変化という2つの構造変化が影響をもたらしていると私は考えます。

自動車市場の構造変化はニーズの変化という形でモータリゼーションの進化と共に変化してきました。従来国内自動車メーカーは国内中心の事業(生産、販売)であり、製品ライナップは小型車から大型車までの一連のライナップを持っていることが望まれていたのです。一時期のコマーシャルで「いつかはクラウン」というコピーがありましたが、このコピーが象徴するように車格というヒエラルヒーの中で買い替えを促していく、という
のがモータリゼーション初期のころの自動車メーカーの戦略であり、市場のニーズでした。

そのニーズを変化させたきっかけがRVの出現です。RVとはレクリエーショナルビークルの略称であり、4WDや車室の広い様々な用途に適した車です。自動車に対するニーズはRVの出現で変わりました。今までの小型車から大型車へのヒエラルヒーを壊し、アウトドアブームやポストバブル期のファミリー重視の価値観に合致し、90年代初めに普及したのです。

三菱自動車はこのRVのブームを引っ張る存在でした。デリカやパジェロなどを始めとしたRVで一世を風靡しました。一時期にはパジェロをシリーズ化し、軽のパジェロから大型パジェロまでライナップしていたのです。しかし、RVブームも4WDなどの高価格車のブームは去り、ワゴン車などにそのニーズは移行していきました。また、特に90年代後半から2000年代前半にかけての失われた10年の時期には自動車メーカー11社体制は数が多すぎると言われながらもアジアや中国などの新興市場需要により各社とも存続し、乗用車メーカーについては目立った再編は起きなかったのです。

一方で2000年代前半から自動車に対するニーズはまた大きく変化しました。ハイブリッド、クリーンディーゼルなどの燃費、環境へ市場ニーズは変わったのです。プリウス、アクアがヒットするなど、従来のRVが担っていたヒエラルヒーの打破をこれらの車が担うようになりました。現在は欧米メーカーに先行されているものの、今後は自動ブレーキシステムなどに代表されるADAS(先進運転支援システム)が市場ニーズを変化させていくと私は考えます。つまり燃費、環境は当たり前で、その上で安全、安心、快適などにニーズがシフトしていくでしょう。ADASの技術革新の先には自動運転化があり、従来「運転を楽しむ」という市場はニッチ化し「楽に運転できる」ニーズが高まり、最終的にはモータリゼーションはトランスポーテーションの手段となっていくと考えられます。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

野町 直弘

株式会社クニエ プリンシパル

NTTデータグループのコンサルティング会社である株式会社クニエの調達購買改革コンサルタント。 調達・購買分野に特化したコンサルティングを提供している株式会社アジルアソシエイツの元代表。 自身も自動車会社、外資系金融機関の調達・購買を経験し、複数のコンサルティング会社を経由しており、購買実務経験のあるプロフェッショナルがサービス提供を行います。

フォロー フォローして野町 直弘の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。