『意識はいつ生まれるのか』マルチェッロ・マッスィミーニ/ジュリオ・トノーニ(亜紀書房) ブックレビューvol.6

2015.12.25

ライフ・ソーシャル

『意識はいつ生まれるのか』マルチェッロ・マッスィミーニ/ジュリオ・トノーニ(亜紀書房) ブックレビューvol.6

竹林 篤実
コミュニケーション研究所 代表

一辺の長さが3センチぐらいの花の写真を、縦5列と横5列、合計25枚並べた情景を想像してほしい。その中の1枚だけを花ではなく、ヘビの写真に差し替えたとする。この25枚の写真を見た人が、どんな反応を示すか想像できるだろうか。花とヘビは似ていないけれど、写真ではそれほど違いがあるわけではない。けれども、ほとんどの人が瞬時にヘビの写真を見分けるという。無意識のなせる技である。

重さ1.5キロの臓器
人の体には、さまざまな臓器が備わっている。心臓は血液を送り出すポンプ、肺は血液に酸素を取り込んだり二酸化炭素を排出したりする交換器。胃や腸は食べたものを消化吸収する器官であり、肝臓、すい臓、脾臓なども、それぞれ重要な役割を担っている。
では、脳はどうだろうか。脳も臓器の一つと考えればよいのだろうか。脳の重さは、だいたい1500グラムである。成人の体重からみれば、その重さが占める割合は、男性で2%から3%、女性で3%から4%といったところ。重さの比率はその程度にとどまるが、人が生きていく上で脳が果たす役割は、そんなものではない。
脳がなければ、人としての存在が危ぶまれることに異論を唱える人は少ないだろう。では、脳とは一体何のために存在する器官なのか。動物の脳と人間の脳の間には、どのような違いがあるのか。「意識」に注目し、脳の働きを突き詰めていくが本書である。


ワトソンは「意識」を持つか
IBMが開発したコグニティブ・コンピューティング・システム「ワトソン」をご存知だろうか。ワトソンには16テラバイト!ものRAMメモリが積まれていて、1秒間に500ギガバイトの処理ができる。IBMではワトソンを医療をはじめとする、あらゆる分野で人間の意思決定を支援する用途で活用する計画だ。
2011年、ワトソンはアメリカの人気クイズ番組に挑戦した。対する相手は、番組のチャンピオンである。結果は、ワトソンの勝ちである。質問に対する対応において、ワトソンは既に人を凌駕している。
「だが、あわれなワトソンは自分が勝ったことを知らなかった。というより、最初からずっと、なにも理解していないのだ(同書、P36)」
これが何を意味するのか。ワトソンは(今のところ)意識をもたないのだ。では、ワトソンも、いずれは意識を持つのだろうか。例えば、AIの進化に関してよくいわれる、2045年つまりシンギュラリティを超えた時に、コンピュータが意識を持つ可能性はあるのだろうか。この問題を考えようとすれば、どうしても再び「意識とは何か」という原題に戻らざるをえない。


Pepperは意識を持つか
ソフトバンクが発売したロボット「Pepper」について考えてみよう。同社の説明によれば「Pepperは、人の感情を理解するだけでなく、自らが感情を持ったロボットとして生まれました。人間同様、相手の気持ちや人とのふれあい、周囲や自らの状況に応じて複雑に感情が揺れ動き、それに応じた行動を行なう(http://www.softbank.jp/robot/consumer/products/emo...)」。
Pepperは、ビッグデータの産物と言っていいだろう。人と対面した際の反応をデータとして蓄積する。大量のデータを解析することにより、人の感情をパターン化して理解する。さらには、各パターンにふさわしい(とコンピュータが判断した)対応を取る。これによりあたかも感情を理解し、感情を表現するように振る舞う。
けれども、Pepperが「意識を持つ」とはいえない。意識とはそんなものではないからだ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

竹林 篤実

コミュニケーション研究所 代表

フォロー フォローして竹林 篤実の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。