本音のコンテンツマーケティング (7)当たり前だが、コンテンツマーケティングは顧客の声を聴くことから始まる

画像: taylorandayumi

2015.10.26

営業・マーケティング

本音のコンテンツマーケティング (7)当たり前だが、コンテンツマーケティングは顧客の声を聴くことから始まる

猪口 真
株式会社パトス 代表取締役

コンテンツマーケティングを推進したいと思っても、必ずぶち当たる問題が、「うちには語るほどのコンテンツがないから無理」という意見だろう。そういうとき、マーケティング担当者はどうすればいいのか。

実際に第三者が顧客にインタビューするとよくわかるが、「なぜこの商品・サービスを購入しているのか」と聴いても、営業が語ってきたセールスポイントを並べてくれる顧客はまずいない。

自分の提案してきたことと、あまりにも違うことを語るので、聞いている売りがわの人がいらいらすることすらある。

しかし、これこそが現実であり、ここにこそコンテンツのストーリーがある。

つまり、購入に至るストーリーは、購入者が100人いれば、100通りのストーリーがあるということ。

よくあるのは、数人だけ聞いて、「やっぱりこういうことか」とニーズを決めつけてしまうことだ。営業力に乏しい人ほどそう言う。だが、決してそんなことはない。

顧客の持つ背景、ストーリーはすべて違う。表面的な返答に満足せず、とことん聴かなければならない。

商品・サービスを購入してくれた人のところに行って、「弊社の商品・サービスを購入していただいたのはなぜでしょうか。この商品・サービスがなかったらどうなっていましたか?」と言おう。コンテンツマーケティングはここから始まる。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

猪口 真

株式会社パトス 代表取締役

すべてのナレッジワーカーがコンテンツを考え、発信する時代です。あなた(会社)のコンテンツをともに考えましょう。

フォロー フォローして猪口 真の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。