ジャパンメイドのオーダーシャツ ファクトリーブランド

2015.08.18

ライフ・ソーシャル

ジャパンメイドのオーダーシャツ ファクトリーブランド

井上 和則
株式会社リーダーズ 代表取締役  文化学園文化ファッション大学院 教授

日本衣料品市場では日本製が約3%にまで激減したジャパンメイド。ファクトリーブランドのオーダーシャツに付加価値を込めて日本の繊維産業ものづくりを支えています。

日本の繊維縫製業

クールジャパンが言われるようになって久しくありませんが、私自身、オリエントの日いづる国「日本(ジパング)」への誇りとこだわりは若い時から強く持っています。日本には自然、文化、生活、物、精神性等、間違いなく魅力的なものがたくさんあります。ただそれを欧米人のようにグローバル目線で魅力的に表現する事が得意ではないと感じています。

大学時代からずっと繊維・アパレル業界に関連した立ち位置にいますので、アパレル・ファッションの憧れ・高級なイメージといえば、欧米からのブランドや商品がメディア媒体の中心である現実を見てきました。それゆえに日本発でオリジナリティーを持った良いものがもっと市場に有ってもいいのではという思いを強く感じてきました。たとえファッションが欧米から来たものであったとしてもオリエントからの独創的なブランド、デザインや商品が市場にもっと出てきて欲しいと。

日本市場にある衣料品ですが、1990年には日本市場における日本製衣料品のシェアが約50%あったものが、現在では約3%にまで激減しています。労働集約型のアパレル縫製業が賃金の安い労働力のある国に移行していくのは自然な流れですが、それにしても、日本製の付加価値を持った商品が市場にもっと残るべきないものかと思います。

日本だけでなくイタリアなども同様の状況ですが、イタリアはデザインやブランド力で優位性を保とうとしています。日本はというと、もちろんデザイン面も進化してきていますが、機能素材や高品質管理に優位性があると言えるでしょう。「ユニクロ」はその典型例だと言えるかもしれません。

「日本製」衣料製品、テキスタイル生産の現象を憂いていた約5年前ですが、出会いとご縁があり、国内に縫製工場を持つ「コルテーゼ」というファクトリーブランドのオーダーシャツ製造小売業(SPA)に経営陣として参画する事になりました。日本の縫製産業を産業として守りたい。そんな想いが益々大きくなってきました。

オーダーシャツ縫製工場と東日本大震災

オーダーシャツ ファクトリーブランド「コルテーゼ」の縫製工場は日本三景と言われる宮城県松島から少し内陸部に入った場所にあります。

東日本大震災の際はその縫製工場も多少のダメージを受け、約1ヶ月間、工場を休止しました。従業員の近親者にも震災の被害を受けた方がおられ、一時は辛い時期を過ごしましたが、くじけずに日本の繊維縫製業の復権と宮城、東北の震災からの復興を目指して皆で一丸となって頑張ろうという事で心機一転、新たな気持ちで頑張っています。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

井上 和則

株式会社リーダーズ 代表取締役  文化学園文化ファッション大学院 教授

アパレル・ファッション・ライフスタイル業界専門の経営戦略・マーケティング・M&A支援会社(株)リーダーズ 代表取締役。  京都工芸繊維大学繊維学部卒業。米国サンダーバード国際経営大学院経営学修士 (MBA)。 商社に20年間勤務後、数社のアパレル企業の代表として企業再生・業務改革に従事。 2007年に(株)リーダーズを設立し、上場企業から中小企業に至るまで経営戦略支援を行なっている。 文化学園文化ファッション大学院ファッションビジネス研究科教授 (「企業経営論」「ファッションビジネス起業論」他) http://bfgu-bunka.ac.jp 1級販売士、ビジネス法務エキスパート(日本商工会議所)、ファイナンシャルプランニング技能士 (財)日本ファッション教育振興協会 ファッションビジネス能力1級検定委員 ファッションビジネス学会所属

フォロー フォローして井上 和則の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。