部下にイライラしている経営者のあなたへ

2013.10.29

組織・人材

部下にイライラしている経営者のあなたへ

今野 誠一
株式会社マングローブ 代表取締役社長

いつまで経っても、社員を認められない社長がいる。 「うちの社員はまだまだで」 「うちの社員はできが悪くて」 自分と同じように仕事をしてくれないと気が済まず、イライラする自分がいる。 だから、何でも自分でやってしまいたくなる。 そんな時は「弟子は師の半芸に至らず」という言葉を思い出す。

弟子というのはいくら修行を積んでも、師匠の芸の半分の域にまでしか至ることができない、という諺。

これは師匠が「それぐらいに思って弟子を盛り立ててやれ」という意味にとるべし。

師匠の方だって、ひとところに立ち止まっていることはなく、進化し続ける。
死ぬまで、弟子というものは物足りなく感じて当たり前なのかもしれない。

一方で、弟子の側は「出藍の誉れ」を目指して精進すべし。
これは「しゅつらんのほまれ」と読む。

荀子(じゅんし)が学問の重要性を説明するために使った言葉からできた。

学問は奥深く終わりがない。
勉強をおこたらず、はげむことが大切だ。

青は藍(あい)よりとりて藍(あい)よりも青く、氷は水よりつくりて水よりも冷たし。

青色の染料(せんりょう)は藍(あい)という草から作られるが、その色は藍(あい)という草の色よりもさらに青い。

氷は水から作られるが、その水よりも冷たい。
つまり、もとになった物よりも、それからできた物の方が優れている。

このように学問も積み重ねよって、さらに発展するということ。

師匠は「弟子は、師の半芸に到らず」と思って、盛り立て、弟子のほうは「出藍の誉れ」と思って修行に励む。

それが師弟の有り方かもしれない。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

今野 誠一

株式会社マングローブ 代表取締役社長

組織変革及びその担い手となる管理職の人材開発を強みとする「組織人事コンサルティング会社」を経営。 設立以来15年、組織変革コンサルタント、ファシリテーターとしてこれまでに約600社の組織変革に携わっている。

フォロー フォローして今野 誠一の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。