学校広報が育む、温かな人のつながり。

2013.06.18

ライフ・ソーシャル

学校広報が育む、温かな人のつながり。

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

いま、「学校広報」に力を入れ始める学校が増えてきました。大阪市の民間人校長が着任した中学校もその1つ。 なぜ、いま、「学校広報」なのか―ヒントは「ソーシャル」そして「人のつながり」にある気がします。

※本記事は、(株)Z会勤務の筆者の個人的見解です。

この4月、大阪市の民間人校長として就任された北角裕樹さん。

【民間人校長】元新聞記者で最年少校長 北角裕樹氏が体感した学校現場
(↑保護者&教育関係者向けサイト「リセマム」にリンクします)

就任当初から「学校広報に力を入れたい」と語られており、すぐさま、自校大阪市立巽中学校のサイトでの情報発信の強化に取り組み始めました。
これまでは余り、校内の様子、生徒の様子がわからないサイトだったようですが、リニューアルして生徒や職員さんの様子をいろいろ届けられるようにしたようです。

そもそも、なぜ、学校広報を大切にされているのでしょうか…?
学校広報についてまとめられた「学校広報のページ」には、このような説明があります。

===(引用)===
学校が社会からの要請に応えるためには、何をすべきでしょうか。
まずは、学校自身が、与えられた使命を着実に全うすることに他なりませんが、同様に、学校での地道な営みが、社会から正しく理解・評価される事もまた必要です。個々の人知れぬ努力や営みは、社会から正当に評価されて、はじめて公(おおやけ)の成果になるからです。

学校からの積極的な情報提供を通じ、学校に向けられた関心に正面から向き合い、学校関係者との信頼関係をより確実なものにすることは、学校経営に位置付けるべき課題であり、その活動は組織的に取り組むべきものと言えます。
===(引用終)==

学校内外の関係者で信頼関係を構築するために、学校からの積極的な情報提供は欠かせない、ということですね。

学校広報を存分に活かしたサイトといえば、愛知県の小牧市立小牧中学校が有名です。

小牧市立小牧中学校のサイト
http://www.komaki-aic.ed.jp/komaki-j/

「今」の姿、とってもよくわかると思いませんか。
自分の子どもが通っていると、毎日サイトを見に行こうと思いませんか。
そんな気持ちが湧いた保護者に支えられた学校って、ハッピーになると思いませんか。

保護者の皆さん、という、外の力を得ることができるのも学校広報であれば、中から力が湧きだしてくるのも学校広報の力です。
高校教師をしている友人が、先日Facebookにこんな投稿をしました。
===(引用)===
職場での情報発信(要は広報)に関わるようになって2ヶ月。多くの人たち(取り分けGKBの皆様。本当に感謝です!)にヒントをもらいながらやってきた。田舎の公立高校に、そもそも広報が必要か?というところから始まったが、始めてみて思うのは伝えたいネタがたくさんあって困る!というまさかの状態が現在、であるということ。

次のページ学校広報は、学校の良いとこ探しを引き出すんですよね。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。