ちぐはぐ販促

2012.10.03

営業・マーケティング

ちぐはぐ販促

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

相応のコストをかけて、販促テクニックを活用した販促施策を展開する場合、見込み客の視点に立って、実際に購買意欲が喚起されるかどうか、しっかり考えないと残念なことになります。

私は昨年から、マーケティング会社、

株式会社ジェネシス・コミュニケーション

に「エグゼクティブ・フェロー」というタイトルで参画していまして、現在、麹町の同社事務所には半常駐しているような状況です。

先日、その事務所に新しくできたばかりの

事務所向け宅配弁当サービス

の売り込みがあったらしく、無料サンプル(試供品)のお弁当数個とチラシが届いていました。

私も1つ頂いて食べて、まあ味は悪くないとは思いましたが、当宅配弁当サービスの販促施策には、

「突っ込みどころ」

がたくさんありました。

まず「チラシ」には、

・通常1,000円のところ600円。
・今なら限定150名様には、ずっと600円で提供

といったコピーが大きく配置されていました。

都心とはいえ、毎日事務所で食べるお弁当として、

[1,000円]

の価格設定自体、そもそも割高だと思うのですがどうでしょう?

チラシに掲載されている弁当の写真からは感覚的には600円~800円程度にしか見えません。値段相応なのでお得感がないのです。

おそらく、

・通常1,000円のところ600円

という表記は、いわゆる

「アンカリング効果」(先に提示された情報が基準となって後の情報が評価されること)

を狙って、割安さを感じさせようとしたものでしょう。

ところが、肝心の商品自体のクオリティが十分でなければ無意味です。今の消費者は、

こうした小手先のテクニック

は簡単に見破ってしまうからです。

さらに残念だったのはサンプルのお弁当です。

写真がなくて言葉だけの説明ですいませんが、お弁当の中身は、

・さばの塩焼き2切れ
・卵焼き
・ひじき煮
・漬物
・ごはん

というもの。

味はまずまずながら、街中のお弁当屋さんでは300円-400円で買える程度のお弁当。これで、定価1,000円は高いなあと思ったら、実は、あくまで見本なので中身は簡素化してあるとのこと。

確かに、チラシの弁当の写真と見比べてみれば全然違うものでした。

しかし、これでサンプル=試供品の役割を果たしているでしょうか?

実際に配達される弁当を試してこそ、

1,000円のところ600円

という値段相応あるいはそれ以上の価値があるかどうかを評価できるのではないでしょうか?

ヘアケア製品や化粧品であれば、

「効果・効能」

を実感してもらえればよいため、

小袋パッケージ(サンプル用)

の配布でも問題がありません。

しかし、お弁当は商品本体を試さないと評価が難しいはずです。

ひょっとして味だけを試してもらいたかった?それなら、よほど飛びぬけた味でないとダメですよね。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。