風評被害を生み出さないために心がけるべきこと

2012.07.24

ライフ・ソーシャル

風評被害を生み出さないために心がけるべきこと

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

今回は、風評被害等は 「誤まった因果関係」 から生み出されているという話です。

私たちは、日々の現象の中に一定の

「特徴」や「パターン」(いつ見てもあまり変わらないことや、同じような現象が繰り返し現れるものごと)

を見つけるのが得意ですね。

例えば、遠くからでも友人が見分けられるのは、その友人の「体型」や「歩き方のクセ」などの特徴、パターンを認識しているからです。

また、複数の現象が「前後して」起こる場合には、それらの間になんらかの「関係性」を見出したくなるものです。とりわけ、前に起こったできごとは、その後に続いたできごとの

「原因」

に違いないと思い込む傾向が強いのです。

科学的に検証すれば、それらにまったく関係がないとしても、なんらかの「因果関係がある」と信じたいのが人間です。このため、例えば、

「クロネコが目の前を横切るとろくでもないことが起こる」

といった類の迷信やデマがたくさん生まれてしまう。

では、なぜ私たちは、前後に起きた現象に

「原因・結果の関係」

を発見したいと思うのでしょうか。

それは、原因・結果がわかると未来が予測できるからです。

未来が予測できれば、「えさ」にありつける可能性が高まったり、あるいは、自分の身に迫る危険を回避することができる。すなわち、生存能力がアップする。

ですから、周囲で起こる様々なできごとの中に、

「原因・結果関係」

を発見することは、私たちにとってとても価値あることなのです。

ただ、この心理的な傾向には弊害があります。

前述したように、科学的にはなんの根拠もない、つまり、ものごとが‘たまたま’前後して起きたに過ぎない場合にも、非常にしばしば

「因果関係」

を仮定してしまうという問題です。

実際、世の中には、単なる偶然に過ぎないものに無理やり因果関係を置いた

「誤った因果関係」

が数え切れないほど流布しており、社会全体を巻き込むような大問題につながることも少なくありません。

たとえば、欧米では、

「子供が受けるMMRワクチン(はしかなどの予防のための3種混合ワクチン)は、自閉症の原因になる」

という「誤った因果関係」を信じる人が相当数います。

これは、イギリスの著名な内科医、ウェークフィールド博士が1998年に、ワクチンと自閉症の因果関係を発見したと公表したことが発端です。

彼の報告は、MMRワクチン接種後に自閉症を発症したとされる子供たち12人のうち、8人の子供の親たちから聞いた言葉に基づいたものでした。

そもそもサンプルとしての代表性がなく、かつわずか8人の症例だけで、

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。