予期しないものは見えない(注意の錯覚)

画像: go7o

2012.07.17

ライフ・ソーシャル

予期しないものは見えない(注意の錯覚)

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

私たちは、周囲の状況をすべて、「ありのまま」に見ているわけではありません。というのも、ありのままを情報として取り込むには、情報量が多すぎて脳の処理能力を超えてしまうからです。

したがって、その時点で自分にとって関心がある、重要な情報に「注意」を絞りこんで、「なんらかの変化の発生」を予期しながら、脳内に取り込む情報を取捨選択しています。

このため、「選択的注意」の実験として有名な、

『見えないゴリラ』

のようなことが日常でもよく起きるのです。

*『見えないゴリラ(Invisible Gorilla)』

このビデオをご存知ない方は、まずは素直に「動画の指示」(白いシャツを着たチームが、バスケットボールを何回パスしたかを数える)に従ってみてください。

いかがでしたか?

すでにヒントが与えられているので、ゴリラを見落とした方は少なかったかもしれません。しかし、最初に行なわれた当実験では、ビデオを見た人の半数近くが「ゴリラ」の登場を見落としたのです。

「パスの回数を数える」という目的のため、白シャツの人々の動きに「注意」を集めていると、ゆっくりと横切る「ゴリラ」を見落とすというのは、驚くべきことですよね。おそらく、眼球では、ゴリラの存在を知覚していたはずですが、脳内で情報処理(認知)されなかったので、「見えなかった」ということになったのです。

ここで、「見えているはずのものを見落とす」ということについては、

「他のことに注意を向けていたから」

という理由に加えて、もうひとつ重要なポイントがあります。

それは、

「予期しないできごとは見落としやすい」

ということです。

先ほどの実験では、バスケをやっている人々の動画にまさか「ゴリラ」が登場するとは予期していなかったことが、見落とす割合を高めたのだと考えられています。

実は、

「予期していないできごとは見落としやすい」

という私たちの認知の限界(「注意の錯覚」)は、私たちが遭遇する様々な事故の発生原因ともなっているのです。

例えばバイク事故では、自動車ドライバーが、前方反対車線からバイクが直進してきていることを見えているはずなのに、強引に左折(日本では右折)しようとして起きる割合が高いそうです。

ところが、バイク事故を起こしたドライバーは、

「突然バイクが目の前に現れた」

などと証言するのです。

つまり、バイクが来ていることをわかっていながら、強引に曲がろうとしてわけではないと。これは一見「言い訳」にも聞こえますが、実際に見落としていた
可能性が高いのです。なぜなら、自動車ドライバーにとって、他の自動車に比べて、バイク(自転車等)は、遭遇する回数がはるかに少ないため、

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。