企業Facebookページ3/30強制タイムライン化

2012.03.12

経営・マネジメント

企業Facebookページ3/30強制タイムライン化

安田 英久
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業Facebookページ3月30日強制タイムライン化での変更点と対処すべきポイント

今日は、Facebookページの現場のお話を。Facebookが発表した内容から、3月30日までにFacebookページ管理者がしなきゃいけないことを紹介します。

すでにあちこちで書かれていますのでご存じの方も多いかもしれませんが、Web担の読者さんには、改めて編集記事としてお伝えしておきます。

個人のFacebookアカウントにタイムラインが適用されている方も多いと思います。同様に、企業Facebookページもタイムライン化されます。しかも3月30日には強制的に。

いくつかの変更点があるので、1か月弱の猶予期間で、決めなきゃいけないこと、しなきゃいけないことを整理しておきますね。

Facebookページがタイムラインになるとどうなる?

あなたがFacebookページの管理人なら、自分が管理しているFacebookページにアクセスすると、新デザインへの切り替えを知らせるメッセージが出ているはずです。ここから[プレビュー]をクリックすると、新デザインでどんな風に見えるのか確認できます(他の人には旧デザイン表示のまま)。

プレビュー段階で、前のデザインでの表示(他の人から見えている状態)に戻したい場合は、新デザインのプレビューのページ先頭に表示されているメッセージの[旧デザイン]をクリックします。

Facebookページのタイムライン化の要点とTODO

カバー写真

カバー写真を追加できるようになります。カバー写真は、Facebookページの最上部に横長で表示されます。

TODO:幅851ピクセル×高さ315ピクセルのカバー写真を作る(最小399ピクセル幅)

この記事のために即席で作ったカバー写真なので、適切なカバー写真の入れ方かどうかを検討して作ったものではありません。ご了承ください。

ただし、カバー写真は宣伝・広告・クーポンのための場所ではなく、どのような使い方をしていいかルールが定められています。禁止されている要素は次のとおりです。

・金額や購入の情報(「40%オフ」や「Webサイトからダウンロード」など)
・コンタクト情報(URL、メールアドレス、住所などの、「説明」ページに書くような情報)
・Facebookの機能や動作に関する記述(「いいね!」「シェア」などの文字や、カバーフォト内でFacebookのボタンなどを指す矢印など)
・行動を促す言葉(「今すぐゲット」「友だちに教えよう」などのCall to Action)

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

安田 英久

株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業のウェブサイト活用やウェブマーケティングに関するメディア「Web担当者Forum」(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)を運営しています。

フォロー フォローして安田 英久の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。