もうひとつの「基本的欲求」

2007.10.29

仕事術

もうひとつの「基本的欲求」

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

人の「心」をより的確に読むための第一歩、それは、人が持つ 「基本的欲求」 にはどんなものがあるかを理解しておくことです。 「基本的欲求」と言えば、誰もが思いつくのは 「マズローの欲求階層説」(「欲求5段階説」などとも言う) でしょう。

この理論を簡単に説明すると、

人の欲求には、低次元から高次元へと
以下の5つの基本欲求があると考えます。

------------------------------------

1.生存の欲求(食欲、性欲など根源的な欲求が満たされたい)
2.安全の欲求(生命が脅かされない、安全に暮らしたい)
3.社会的欲求(所属や愛が欲しい)
4.自我(自尊)の欲求(社会の中で承認、尊敬を得たい)
5.自己実現の欲求(自分らしさを発揮したい)

------------------------------------

そして、低次元の欲求が満たされることで、
初めて次の高次元の欲求へと移行するというものですね。

この理論は、

売れる商品の開発や、
人の琴線に触れるコミュニケーション施策

を考えるに当たっても確かに有用ではあります。

しかし、もうひとつ使いにくいと感じたことはありませんか。

たとえば、

「自己実現の欲求」

は、私は正直、詳しい解説をいくら読んでも、
わかったようでよくわかりません。
(それは、私の勉強不足ですね・・・確かに。すいません!)

また、マズロー説では、
エンタメ系のヒット商品が売れる理由が
うまく説明できないのです。

たとえば、

「ゲームなどをして楽しみたい」

という欲求は、上記の5つの欲求のどれにも
該当しないように思います。

というわけで、マズローの

「欲求階層説」

は、理論としては学ぶ価値があるものの、
現実への適用にはやや無理があると
私は考えています。

さて、実はもうひとつの

「基本的欲求説」

があります。

それは、

「リアリティセラピー」(現実療法)

の考案者として知られる米国の精神科医、

ウイリアム・グラッサー博士

が提唱しているものです。

グラッサー博士によれば、
人は次の5つの基本的欲求を持っています。

------------------------------------

1.生存の欲求
空気や水、食べ物、住居、睡眠など、
  生きていくために必要なすべてに対する欲求

2.愛と所属の欲求
  家族、友人、会社などに所属し、愛し愛される
  人間関係を保ちたいという欲求

3.自由の欲求
  自分の考えや感情のままに自由に行動し、物事を運び、
  決断したいという欲求。誰にも束縛されずに自由でありたい
  という欲求

4.楽しみの欲求
義務感にとらわれることなく、自ら主体的に喜んで何かを
  行いたいという欲求

5.力の欲求
  自分の欲するものを、自分の思う方法で手に入れたいと
  思う。人の役に立ちたい、価値を認められたいという欲求

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。