東京タワーは再び人気者になれるのか?

2011.06.08

営業・マーケティング

東京タワーは再び人気者になれるのか?

金森 努
有限会社金森マーケティング事務所 取締役

 東京タワー。正式名称は「日本電波塔」。高さ333メートルの偉容を誇っていたが、634メートル・自立式電波塔として世界一位となったスカイツリーに、日本一の座も明け渡した。しかし、その後も存在感を示し続けるプロジェクトが進行しているという。

 そうした数々の課題を解決するためには、東京タワーの新たなるポジショニングを固めることが求められる。スカイツリーに一位の座を明け渡した東京タワーは、このままだと人々にとって「昭和の郷愁」というような存在にしかならないだろう。そうではなく、東京タワーはやはり、「日本中の情報が集まってくる東京の、その中心にしっかりと建っている」「だからこそ、オモシロイ地方の情報やモノが次々と集まってくる」というパーセプションを獲得することが欠かせないのである。

 東京タワーが「放送電波」ではなく「地方情報」を発信して、再び人気者になるための道は容易なものではないといえるだろう。しかし、「高さ日本一」などのように、何らかの勝ち得た名声・知名度だけで顧客を集めている企業は他にもあるはずだ。人ごとではないはずだ。
築き上げた名声はいつか奪われることもある。その時、新たなる魅力で再び輝くことができるのか否かは、たゆまぬ努力にかかっているといえるだろう。東京タワーの今後に注目だ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

金森 努

有限会社金森マーケティング事務所 取締役

コンサルタントと講師業の二足のわらじを履く立場を活かし、「現場で起きていること」を見抜き、それをわかりやすい「フレームワーク」で読み解いていきます。このサイトでは、顧客者視点のマーケティングを軸足に、世の中の様々な事象を切り取りるコラムを執筆していきます。

フォロー フォローして金森 努の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。