さらばスカイスクレイパー、IABが広告サイズ11種をリストラ

2011.03.28

営業・マーケティング

さらばスカイスクレイパー、IABが広告サイズ11種をリストラ

安田 英久
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

インターネット広告の世界的な業界団体である米IABは、広告ユニットガイドラインで定める標準広告ユニットを大幅に改訂しました。新しく6種類が追加され、既存の11種類が削除されました。削除された広告ユニットには、懐かしのスカイスクレイパーがあります。


IABの標準広告ユニットは、媒体や広告代理店が利用する標準的な広告の大きさや容量、アニメーションループの回数などを定めるもので、2年ごとに改訂されています(以下の情報は2011年2月28日時点のもの)。

追加6種は大判のインタラクティブ系

IABは、次世代の広告ユニット(広告フォーマット)を公募していたのですが、応募36ユニットから6つを「Rising Stars Ad Units」として選定しました。これらの広告ユニットは、今後6か月にわたって市場で検証された後にIAB標準広告ユニットとして定められる予定です。

IABが「ブランディング(クリエイティビティ)」「ユーザーエクスペリエンス」「機能性」「ページとの統合」「採用しやすさ」などを基準に選んだのは、次の6種類。

・IAB Billboard(ビルボード)
http://link.brightcove.com/services/player/bcpid607703002?bctid=803683945001

仕様)970×250のリッチメディア枠。

・IAB Filmstrip(フィルムストリップ)
http://link.brightcove.com/services/player/bcpid607703002?bctid=808250670001

仕様)300×600の枠を縦方向にスライドさせてつなげる300×3000の枠。

・IAB Portrait(ポートレイト)
http://link.brightcove.com/services/player/bcpid607703002?bctid=803610739001

仕様)270×1050の領域をいくつかに分割したモジュール形式の枠。

・IAB Pushdown(プッシュダウン)
http://link.brightcove.com/services/player/bcpid607703002?bctid=803610713001

仕様)通常は970×90で拡大すると970×415になり、右にサムネイル、左に大画像を表示する枠。

・IAB Sidekick(サイドキック)
http://link.brightcove.com/services/player/bcpid607703002?bctid=803610697001

仕様)通常は300×250で、クリックすると右から850×700のインタラクティブ領域を表示する枠。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

安田 英久

株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業のウェブサイト活用やウェブマーケティングに関するメディア「Web担当者Forum」(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)を運営しています。

フォロー フォローして安田 英久の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。