iPadをタダでばらまくと、どうなるか?

2011.02.16

営業・マーケティング

iPadをタダでばらまくと、どうなるか?

竹林 篤実
コミュニケーション研究所 代表

イオンが、通販用にタブレット端末を開発・販売するという。であるなら、いっそのこと、iPadを自店の商圏内の顧客に無償でばらまいてはどうだろうか。

2011年は約140万台

前年対比2.8倍の出荷台数が見込まれるという。タブレット端末である。タブレット端末といえば、元祖iPadだが、最近はいろいろなメーカーがiPadもどきを出してきている。その一番手となるのは、やはり「目の付けどころがシャープでしょ」のガラパゴスだろうか。

とはいえ、これは厳密にはiPadのライバル機種とはいえない。なぜなら、iPad&App Storeのような組み合わせがないからだ。ガラパゴスは基本的には電子書籍を読むためのデバイスに過ぎない。一方iPadはいろんなことができる画期的なマシンである。もちろんコンピュータとしても使える。

根っからのMacファンとしては、iPadとガラパゴスを並べてくれんなよな的イントロとなってしまったのだが、本題がそこにあるわけではない。

イオンが、このガラパゴスベースの端末を通販用に売り出すというお話である。今朝の日本経済新聞には次のようにある。
「イオンがシャープなどと提携し、主婦や高齢者が使いやすい多機能携帯(タブレット)端末を開発・販売することが分かった。インターネット経由で注文すれば商品を即日配達するイオンの「ネットスーパー」にワンタッチでつながるようにする。今秋から全国のイオン店舗で販売し、初年度に5万〜6万台の売れ行きを見込んでいる(日本経済新聞2011年2月15日付朝刊9面)」

たぶん、どこかがやるだろうとは思っていた。が、ガラパゴスでやってくるとは思わなかった。本音で言えば、イオンとしてはiPadでやりたかったんじゃないんだろうか。でも、Appleは取引条件が厳しいと聞くし、ソフトバンクとの絡みもある。仕方なくシャープ&NTT西日本と組んだと推察する。

記事の最後に次のような一文がある。
「イオンはタブレット端末は高齢者らにも受け入れられやすいと判断、同端末を通じてネット通販を強化する(前掲紙)」

この事例を、少し引いて俯瞰的に見るなら、GMSによる新たな販売チャネル開発と見ることもできるだろう。この端末を買ってくれたお客さんとイオンは、ダイレクトにつながるのだ。お店をお客さんの家の中に持っていく、と考えても良いのかもしれない。であるなら、その端末(=顧客自宅内ショップ)の価格が気になるところ。

これも記事によれば5万円前後より安く設定するとある。もしこれが本当なら、ここに後発が付け込む隙がありはしないか。

思いきって、iPadを無料で配布すればどうなるだろうか。ターゲットは何も高齢者だけに絞る必要はない。一家に一台iPadである。お父ちゃんが仕事に持って行ってしまっては家族が使えないからだめだけれど、子どもが学校に行っている間に、お母ちゃんがiPadで買い物するなら問題ない。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

竹林 篤実

コミュニケーション研究所 代表

フォロー フォローして竹林 篤実の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。