柳澤康弘パンカク社長が語る~iPhoneアプリ米国No.1『LightBike』開発1

2010.04.12

経営・マネジメント

柳澤康弘パンカク社長が語る~iPhoneアプリ米国No.1『LightBike』開発1

ITmedia ビジネスオンライン
“ニュースを考える、ビジネスモデルを知る” ITmedia 編集部

世界中で急速に拡大しているiPhoneアプリ市場だが、海外で受けるゲームを出している日本企業はまだ少ない。そんな中、2009年2月に米国App Storeの有料アプリランキングで1位に輝いたのがパンカクの『LightBike』だ。パンカクの柳澤康弘社長は情報処理学会で行った講演で開発の背景を振り返った。 [堀内彰宏,Business Media 誠]

 任天堂のマリオシリーズやスクウェア・エニックスのファイナルファンタジーシリーズなど、世界中の人々が遊ぶようなゲームを多く生み出している日本。しかし、急速に拡大しているiPhoneアプリ市場で海外に通用するゲームを作った日本企業はまだ少ない。そんな中、2009年2月に米国App Storeの有料アプリランキングで1位に輝いたのがパンカクの『LightBike』だ。

 『LightBike』はなぜ1位を獲得できたのか。パンカクの柳澤康弘社長は3月11日、情報処理学会で行った講演でその軌跡を改めて振り返った。

iPhone3G発売1カ月前からアプリを開発


柳澤 私は慶應義塾大学の卒業生なのですが、在学中から携帯アプリを作る会社を立ち上げて、プログラマーをやっていました。その後、SNSのパッケージソフトを作るBeat Communicationという会社に創業から関わりました。2004年に創業した会社で、mixiやGREEが大きくなる前からSNSの制作をやっていて、NTT東日本やNTTデータなどに納入していました。

 そして、「できる限り多くの人たちに対して、自分たちが作ったアプリやプロダクト、サービスを提供したい」という思いから、2007年にパンカクという会社を起業するに至ります。特に大事にしている方針が1つあるのですが、それは「常にフロンティアを狙う」ということです。“フロンティア”というのは、現時点では需要が小さく、供給も少ないものの、今後の大きな盛り上がりが見込める分野です。

 SNSのパッケージソフトを作る会社の立ち上げに関わったということもあって、私はWeb系アプリの開発に強みがありました。しかし、2008年 7月のiPhone3Gの発売とApp Store※の開始によって、世界中のどこにいるディベロッパーでも、全世界にアプリを配信することができるということに可能性を感じて、その発売の1カ月前からiPhoneアプリの開発を始めました。
※App Store……アップルが運営する、iPhoneやiPod touch向けアプリのダウンロードサービス

フラットな競争が行われている市場


柳澤 市場全体についてなのですが、2009年末の時点で全世界でiPhoneとiPod touch合わせて約7800万台とAdMobが予測しています。2009年9月の段階では5千数百万台という状況だったので、非常に急激な勢いで台数が伸びています。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

ITmedia ビジネスオンライン

“ニュースを考える、ビジネスモデルを知る” ITmedia 編集部

「ニュースを考える、ビジネスモデルを知る」をコンセプトとするオンラインビジネス誌。

フォロー フォローしてITmedia ビジネスオンラインの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。