『サザエさん』なんかどこが面白い?という世知辛い皆さんへ。

2010.02.06

営業・マーケティング

『サザエさん』なんかどこが面白い?という世知辛い皆さんへ。

中村 修治
有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

不景気である。お金もないし・・・週末に、どこへも行かず・・・世知辛い目で国民的アニメ「サザエさん」を視聴してみたい。

さらに、世知辛い話を続けると・・・あの旅ごころをくすぐられる「サザエさん」のオープニング映像にもお金が動いている。オープニングの観光地訪問紹介部分は約1分で、2000年からは紹介する場所をひとつの県に絞り、半年間で2パターン放送されている。ここ5年の実績は・・・
2005年度 愛知県、広島県
2006年度 宮城県、岡山県
2007年度 愛媛県、富山県
2008年度 山口県、岐阜県
2009年度 新潟県、茨城県
これは、当然タダではない。多くは、市や県が協力費として提供している。2007年の愛媛紹介では、松山市などが840万円。2007年の富山紹介では、富山市が840万円。2008年の山口紹介では、山口県が630万円。どうやら700万円~800万円が相場のようだ。視聴率の高い好意的番組でこの価格は、非常に費用対効果が高い戦略であると思うが・・・要は、税金が「サザエさん」にも投入されているということだ。
※数字は、出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

3、視るべき人物は、カツオとサブちゃん。


サザエさんの家は、いまだに黒電話で、テレビは液晶の薄型ではない。夕食は、家族で卓袱台を囲む。ケータイ電話は出てこない。急に雨が降ったら、波平さんやマスオさんは、駅前の公衆電話からワカメちゃんを呼び出す。そんな「いまどきないやろう」という突っ込みイメージが、サザエさんである。私の娘=中学校2年生は、何が面白いのかわからんと正直な感想を述べる。チャンネルは「サザエさん」なのだが・・・ほとんど視ていない。ビジネス的に・・・マーケティング的に視て、確かにあまり刺激はない。

しかし、よくよく視てみると・・・いたずら好きのカツオと、三河屋のサブちゃんは、面白い。

カツオがサザエさんや波平さんに怒られないようにする知恵の巡らせ方や、親戚のノリスケさんやタイコさんを活用しながら欲しいモノを手に入れたりする戦略には頭が下がる。カツオは、このまま大きくなったら、立派なビジネスマンになる気がする。カツオみたいな部下は、きっと重宝がられる。

さらに可能性があるのは、三河屋のサブちゃんである。あれだけ世帯別の顧客管理ができているビジネスなんて、いまどきない。サブちゃんが、サザエさんちの周辺の300世帯を把握して、同じような商売をしているとしたら・・・米や酒の必需品の取り扱いなので月間に1世帯3万円の売上げがあると試算。えっ、サブちゃん1人で、月間900万円の売上げ?サブちゃんを数十人雇えば、完璧な、購買代行ビジネスの完成である。

不景気である。マスオさんや穴子さんの勤める商社も、きっと厳しいだろう。出版不況で、裏の伊佐坂先生の本も売れてないだろう。花沢さんの不動産屋さんは、目も当てられない惨状かもしれない。国民的アニメ「サザエさん」で、いちばんおいしいビジネスをしているのは、実は、あの好青年「サブちゃん」である。

ある意味、恐るべし「サザエさん」である。


Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

中村 修治

有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

昭和30年代後半、近江商人発祥の地で産まれる。立命館大学経済学部を卒業後、大手プロダクションへ入社。1994年に、企画会社ペーパーカンパニーを設立する。 その後、年間150本近い企画書を夜な夜な書く生活を続けるうちに覚醒。たくさんの広告代理店やたくさんの企業の皆様と酔狂な関係を築き、皆様のお陰を持ちまして、現在に至る。そんな「全身企画屋」である。

フォロー フォローして中村 修治の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。