[続] 草食では無い。「ゲイっぽいストレート」がモテている!

2009.11.19

ライフ・ソーシャル

[続] 草食では無い。「ゲイっぽいストレート」がモテている!

武田 舞

シングルの30代「ゲイっぽいストレート男子」15人に、突撃インタビュー!彼らの性質と女子に対する本音を聞きました。もちろんアポ無し下着チェックも!

オンナゴコロの潜入捜査シリーズ
 
「オンナゴコロをつかむデザイン」をコンセプトに活動している
武田舞が(個人的に)「今後、女性のトレンドになりそう」
という商品・サービスをテーマに専門知識のある方やその対象の方に
突撃インタビューをして、衝撃の真実を報告!

捜査ファイル -- vol.2 --
「"ゲイっぽいストレート"男子がモテている!」-後編-

“ゲイっぽいストレート”というキーワード。
つまり、美意識の高さや立ち振る舞い、思考はゲイのように見えるが
恋愛対象はあくまで「女性」の彼らの事である。
モテる要素を含めた表面的な調査は前編で報告出来たと思う。
[気になる前編はこちら]

彼らのようなタイプの(心をつかみにくい)男子に恋するオトメ達の為に、
彼らの実態に迫ってみようと思う。

突撃!
15人の"ゲイっぽいストレート"達を取り調べ!
&アポ無し「本日のこだわりパンツ見せて下さい!」

とある建築デザイン事務所のホームパーティ。
それらしき男子の巣窟での潜入捜査。これはフィクションでは無い。
途中、女子にはキツい表現もあるのでご注意願いたい。

Q1.あぶく銭3万円を使うとしたら?(条件:必ず使う事)

1位:洋服や靴に使う。
2位:趣味(CDや写真集、書籍)をオトナ買い
3位 : 美味しい食事
 その他
 植物、グルーミンググッズ(化粧品)、ブランドモノの包丁
 ”化粧品”と答えた彼は、「パッケージがかっこいいんだよね」と
 その商品まで見せてくれた。その度に「俺も持ってる〜」等と
 会話が盛り上がる。
 ガールズトークに勝るメンズトーク。
 
 悲しい事に、一人も「彼女に何か使う」人は居なかった...

 ここから分かるのは、
 女性に対しての貢ぎ物<「自分のカルチャー」
 彼らは、やはり「スタイル」「カルチャー」が大事なのだ。
 彼女への消費に興味が無いのは草食科である証拠なのか。
 
 後日、彼ら以外の男子にも聞いてみた。面白いほど違う事を言う。
 肉食と思われる男子は、「飲みに行く」「キャバクラ」
 「ギャンブル」「Hなお店」全ての人がそうでは無いと思うが、
 彼らと対比して、分かりやすい回答である。

 "ゲイっぽいストレート"がキャバクラや風俗に興味が無いのは
 「心が無い触れ合いには、興味が無い」から。
 感動的である。この回答に、耳が痛い「肉食女子」たちも多いのでは?

Q2.女性に対して引いてしまった瞬間は?
  
 ・ファンデーションの鏡が汚い
 ・ブリブリが異常な時
 ・オフィシャルな場で拗ねる(ケンカをしかける)
 ・タトゥーのデザインが変
 ・ポーチが汚い
 ・初対面での所得探り発言
 ・首と顔の色が劇的に違う
 ・爪が汚い
 ・下着が上下違う色
 ・口紅を鏡を見ずに直す
 ・ブラシに髪の毛がついたまま

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。