大人のISO、ISO26000を考える・・・

2009.10.26

経営・マネジメント

大人のISO、ISO26000を考える・・・

伊藤 達夫
THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

ISO26000のガイドラインが出ましたね。このISOはSHALLがない。そんなISO意味有るの?、ISOコンサルタントが儲からないじゃないか!とか様々な指摘があるかもしれませんが、私はCSRの特性上、こういう形でいいのでは?と思うのです。

 さて、何度か、ISOについて触れましたね・・・。まあ、ISOはマネジメントシステムだ!とみなさん主張されるんですけど、プロフィットに配慮しないマネジメントシステムなんて、意味ある?ということを何度か書いたような気がします。

 松下さんは、ISO取ってない業者さんとは取引しないという調達基準を持っているので、下請けさんは取らないといけないですよね。まあ、ISO関係者を儲けさせるためのものだなあ、と思ったりします・・・。

 まあ、抜け、漏れが発見できればそりゃ、それでいい面もあるかもしれませんね。でも、それだけのことです。書類を増やさない、改訂作業もスムーズに、とお考えの良心的なISOコンサルの方もいらっしゃるのですが、たいていそうではありませんね・・・。

 中小企業が大きな会社と取引する時の、信頼感を得るには、いいかもしれません。しかし、必ずしもそれが業務品質を保証しないし、製品品質を保証しないのは、みんな知ってますけどね・・・。

 でもまあ、そういうことにしようよ、ISOとってれば、それなりに品質保証してるってことにしようよ、的な合意はあるので、まあ、それでいいのです。トヨタさんはISOは無駄と思っているようですけどね。

 で、その無駄を開き直っているISOが登場した!というと言いすぎな面もありますが、CSRについてのISO、ISO26000のガイドラインが出てきました。

 まあ、本当に大人の企業向けガイドラインです。まず、はじめに書いてあるのですが、SHALLという言い方はしていない!と。あっても、SHOULDです。

 この違いはすごい!(ここの意味がわからない方はご自分でお調べになっていただけるとありがたいです。)

 CSR自体、企業として、当たり前だから、やってね、特に何の証明にもならないけど、というものですが、ガイドラインが出てしまうので、超大企業は取り組みをはじめざるをえません。

 でも、認証されないし、何をどこまでやればいいのかの明確化はなされていないし。素晴らしいガイドラインです。

 まあ、ROHS対応どこまで?改正ROHS対応もどこまで?みたいなもんでしょうか?

 グリーン調達基準にしても、何をどこまでやるんだ?的なことはよくわからんですよね。徹底しすぎてもコスト的に見合いませんが、鉛がメッキの下に入っていたらといったことまで突っ込むのか?といったお話しに近い。

 ステークホルダーエンゲージメントにしても、ステークホルダーって誰?みたいなところの規定も具体的にあるわけではないですよね。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

伊藤 達夫

THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

THOUGHT&INSIGHT株式会社、代表取締役。認定エグゼクティブコーチ。東京大学文学部卒。コンサルティング会社、専門商社、大学教員などを経て現職。

フォロー フォローして伊藤 達夫の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。