電子マネーパイオニアの苦境~ビットワレット「Edy」の今~(1)

2009.10.06

経営・マネジメント

電子マネーパイオニアの苦境~ビットワレット「Edy」の今~(1)

ITmedia ビジネスオンライン
“ニュースを考える、ビジネスモデルを知る” ITmedia 編集部

FeliCa電子マネーのパイオニアとしてEdyを運営するビットワレットは、創業以来赤字経営から抜け出せずにいる。電子マネーの普及が進んでも黒字化が難しいのはなぜか? 同社CSO宮沢和正氏のインタビューを通して、ビットワレットの今とこれからを考える。[吉岡綾乃,Business Media 誠]

 カードやおサイフケータイをかざしてお金を払う、非接触IC・FeliCaを利用した電子マネー。ここ1~2年で電子マネーは本格的に普及が進んでいるが、その先駆けである「Edy」を運営するビットワレットは9期連続赤字と苦しい経営が続いている。

 電子マネーの普及が進んでも黒字化が難しいのはなぜか。ビットワレットはどのように黒字化を目指すのか――ビットワレットCSO(最高戦略責任者)の宮沢和正氏に、同社の現状と今後を聞いた。

最も普及している電子マネー、Edy


 パイオニアだけあって、Edyは“もっとも普及している電子マネー”である。2009年6月にはカードとおサイフケータイを合わせた累積発行件数 5000万件を突破※、これは電子マネー対応Suicaの発行枚数(2710万枚)はもちろん、PASMOを合わせた発行枚数(4031万枚)をも上回る。

 またEdyはカードだけでなく、おサイフケータイで利用されている電子マネーとしても、最も普及している。6月には累計発行数で1000万台を超えた。2番手であるモバイルSuicaの会員数は8月末に165万人を超えたばかりだ。モバイルEdyは累計で、モバイルSuicaは現在利用している会員数なので数え方は違うが、利用者数の差はそう容易には埋まらないだろう。

 ユーザー数だけでなく、Edyを利用できる“場所”も順調に増えている。2009年度末にはEdyを利用できる場所は20万か所以上になる見込みだ。8月末にはマクドナルド全店がEdyに対応したほか(約3800店、参照記事)10月以降はセブン-イレブン全店で利用できるようになる(約1万2000店、参照記事)。これにより、大手コンビニチェーンはすべてEdyに対応。「コンビニはどこでもEdyを使える、チャージできると分かりやすく訴求できるようになりました」(宮沢氏)

 急増しているもう1つの要因はEdy対応の自動販売機が増えているためだ。(参照記事)日本コカ・コーラ自動販売機を中心に、2009年度末には約11万台の自動販売機がEdyに対応する予定となっている。
                               
                               
                               
                               

10年ごしの願いが実現した


Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

ITmedia ビジネスオンライン

“ニュースを考える、ビジネスモデルを知る” ITmedia 編集部

「ニュースを考える、ビジネスモデルを知る」をコンセプトとするオンラインビジネス誌。

フォロー フォローしてITmedia ビジネスオンラインの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。