首狩りが上手な部族は歌がうまい!

2009.09.25

組織・人材

首狩りが上手な部族は歌がうまい!

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

首狩り族。 この言葉を聞いただけで、 なんか背中に寒いものが走りますね。

首狩り族は、東南アジア、南米など、
世界各地にその存在が確認されており、
意外にたくさんいる部族だそうです。

現在も、多くの部族は、
現代文明からある程度孤立した形で
生活しています。

ただし、首狩りの風習は政府によって
禁止されたりして止めてしまった部族
も多いようです。

彼らは、エスキモーの生活にも近い、
原始共産制の集落を形成しており、
いわゆる「酋長」や「王様」もおらず、
お互いに助け合いながらひっそりと
暮らしてきました。

そして、軍隊さえ持たない彼らが、
部族全員で自分たちの猟場や農地を守るため、
外敵の首を問答無用で切る風習を続けてきた
ようです。

首狩り族というと、
獰猛で野蛮なイメージがありますよね。

でも、実態は繊細で臆病な人たちだそうです。

「首狩り」は、決して楽しみや狂気的な信仰に
基づくものではなく、部族生き残りの手段として
(やむを得ず)行われてきたらしいというのが、
首狩り族の研究を行った民族音楽学者、
小泉文夫氏の見解です。

さて、首狩り族は、お互いに領地を守るため、
あるいは拡大するため、部族同士での戦争を
行うことがあります。

「首狩り合戦」ですね。

小泉氏は、こうした部族間の戦いにおいて、
首狩りが上手な部族は歌がうまく、
逆に、首狩りが下手で首を狩られてばかりの部族は
歌が下手な傾向があることを発見しています。

たとえば、首狩りが一番うまい

「ブヌン族」

は、周辺の部族をみんな
滅ぼしてしまったそうですが、
合唱が大変に上手。

彼らは、首狩りに行く前に合唱を行います。

まず、老人がワーッと即興で歌いだし、
その旋律に皆がハーモニーをつける。

西洋音楽は聴いたことがなく、
もちろん、平均律も知らない彼らですが、
そのハーモニーは純生調!

ぴったりとあうハーモニーを探し出す。
例えば「ドミソ(ミのピッチは少し低め)」。

そして、美しいハーモニーが作れれば、

「みんなの気持ちが合っている」

ということで戦いに出かけて行く。

しかし、もし、いいハーモニーができなければ、
その日は、戦争に行くのを止める!

クジラ・エスキモーと同様、
首狩り族にとっても、歌がうまいこと、
とりわけ

「ハーモニー」

がうまく揃えられることは、
部族の生き残りに関わる重大問題なんですね。

だから、皆額に汗をかきながら、
真剣に歌うのだそうです。

さてさて、現代文明に生きる私たち。

会社勤めにせよ、独立しているにせよ、
多くの人々との協働作業で仕事を進めなければ
なりませんよんね。

どうやって、みんなの気持ちが合っていることを
確認したらいいでしょうか?

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。