社会人のための節約術

2009.09.11

ライフ・ソーシャル

社会人のための節約術

黒沼 憲司

世の中には様々な節約術があるが、取引先や上司・同僚との付き合いが多い社会人はどうしても交際費がつきもので、なかなか節約ができない。そんな交際費を少しでも節約する社会人が急激に増加している。

昨年のリーマンショック以降、個人消費は低迷している状態が続いている。
私が関わる外食産業においてもその影響は顕著にでており、客数および
客単価の減少が見受けられる。そうした中、節約志向もあり外食を控え
内食化傾向が目立つこともあり、今年7月マザーズに上場した「クックパッド
株式会社」はユーザー数・株価ともに堅調である。特に30代女性の4人に1人が
利用しているサイトということなので、一般消費者の節約志向がよくうかがえる。

一方で、働き盛りの社会人はなかなかそうもいかないのが現状である。
ただでさえ、自宅で食事を作る時間もないほど働いているのに、取引先との
会食、上司からの飲みの誘い、同僚との付き合い、などなど、外で食事をする
機会がどうしても外せず、お財布の中身がキツイ状態の社会人がどれだけ多い
ことだろう。

そんな働きざかりの社会人の利用者が急激に増加しているサービスがある。
いわゆる「お得系のサービス」だ。僭越ながら、弊社で展開しているサービスも含めていくつか紹介しよう。

■とくモニ
飲食店・美容院を中心にアンケートに協力することで約半額でお店が利用できるサービス

■ミステリーショッピングリサーチ
全国の小売店を中心とした覆面調査員募集サイト

■試食会.jp
定められた時間でお店を利用すれば5割~8割引きでレストランを利用できるサービス

弊社サービスの利用者の動向を見ていると、もともとは主婦層が多かったのだが、最近は20代・30代の働く男女が増加している傾向にある。この傾向は
今年に入ってより顕著にあらわれ、多い会員で2日に1回は外食をし
サービスを利用していただいている方もいる。

こうした利用回数の多い会員の方と直接お会いし、食事会をしていろいろな
意見を聞くと本当に感服することがしばしばある。私が聞いた使い方を紹介しよう。

女性会員Sさん
「同僚と飲みに行く時は、必ず幹事をします。お店はもちろん、アンケートに
回答したら謝礼金をもらえるお店で予約をします。お会計時はみんなに内緒で、割り勘で行い、1人で謝礼金をもらいます。」

女性会員Iさん
「あらかじめ謝礼金がもらえるお店をリストアップし、そのお店の中から
上司に同僚と飲みに連れていってもらいます。お会計はもちろんおごって
もらいますので謝礼金はまるまるお小遣いになります。」

男性会員Dさん
「合コンや飲み会でよく利用します。料金は基本的に男性側が支払うので
謝礼金をもらい少しでもお財布にやさしく活用しています。」

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。