スタバがカイゼンして改善?

2009.08.07

経営・マネジメント

スタバがカイゼンして改善?

竹林 篤実
コミュニケーション研究所 代表

アメリカのスタバが業績回復しているらしい。その原因がなんとトヨタ流カイゼンを取り入れているからだという。日本ではまだ、のようだが、スタバのカイゼンはどんな効果があるのだろうか。

とまあ、いろいろ疑問はあるのだけれど、それより何よりスタバが効率を追求することは、本質的にアイデンティティクライシスを起こしはしないのだろうか。

サードプレイスはどうなった?

そもそもスタバといえば、サードプレイスが売りだっと記憶するのだが。すなわち、普通の喫茶店、カフェとは異なり、ゆったりとした時間を過ごす場所が、ショップコンセプトだったはず。ただ、もしかしたらアメリカではコンセプトからして日本とは違った可能性はある。それならばカイゼン効果で業績も改善するというのは、あり得る話だと思う。

しかし、同じことを日本でやったらどうなるだろう。果たして客足は増えるのだろうか。ここは思いっきり疑問に感じるところだ。というか、まず最近佐々木俊尚氏が提唱されているデジタル・ノマドのための仕事場からは、スタバは外さなくてはならないだろう。

あっ、そうか!

そうやってコーヒー一杯で粘る客がいなくなる方が、売り上げ的にはカイゼン効果が見込めるということなのだろうか。とりあえず、好き嫌いはあるにせよ、まだコーヒーの味だけは独特のものをキープしている。のだから、その味だけは失わず、あとは回転率を高めることで業績を上げる。

そのためには工場的な雰囲気こそ望ましい。でも、それってドトールみたい。日本のスタバがどう変わるのか、興味津々だ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

竹林 篤実

コミュニケーション研究所 代表

フォロー フォローして竹林 篤実の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。