包括的進化論 - GET( General Evolution Theory) - 前編

2009.07.23

経営・マネジメント

包括的進化論 - GET( General Evolution Theory) - 前編

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

私たちが 「進化」 という言葉を聞いた時、ほとんどの方は 「生物の進化」 をイメージするかと思います。

まあ、最近は、

「ウェブ進化論」
「プロフェッショナル進化論」
「ブランド進化論」
「読書進化論」

といったように、
比ゆ的に使われるケースも多いので、
人によってずいぶん違ったイメージが
湧くかもしれませんね。

さて、「進化」という言葉が表す

「変化のパターン(の共通性)」

に着目し、宇宙全体のあらゆる事象に適用可能な、
拡張された概念としての、新しい「進化理論」が
提唱されているのをご存知でしょうか?

これは

包括的進化論 - GET( General Evolution Theory) -

と呼ばれています。(以下「GET」)

当理論の創始者は、ピアニストかつ哲学者の
アーヴィン・ラズロ氏。

ラズロ氏は、

「進化の総合真理」(バベルプレス)

の中で、次のように述べています。

“この新しい「進化」の概念が意味するのは、
 生物の進化だけではなく、我々が知っているものと
 しての宇宙のなかで、出現し、存続し、変化し、
 また消滅する、すべてのものの進化である”

そして、GETについては、

“ある学問が科学と呼ばれるに必要な、
 基本的な規範を満たしており、日々経験する無秩序と
 思える様々な出来事の根底にある、包括的・網羅的
 かつ一貫性のある意味を見出すことを目指している”

のだそうです。

ラズロ氏は前掲書において、
以下の4つの領域の進化プロセスについて
詳述しています。

1 物質

 宇宙の誕生から始まる物質の形成プロセス

2 生命

 生命の誕生以来、今日に至るまでの生物の進化プロセス

3 社会(歴史)

 特定の関係にある人間の集合からなるシステム(系)
 である社会の存続、発展、消滅のプロセス
 
4 精神(mind)

 端的には、知覚や思考、感情、想像、価値観などの経験
 を意味する「精神」の進化プロセス

さて、私が、
「GET」に対して興味を抱いた理由は2つあります。

ひとつは、今後の社会や個人の大きな変化の方向性を
予測するのに役立つだろうということ。

(それは、最終的には日々の人々の消費行動・社会行動
 にも反映されてきます)

もうひとつは、「地球温暖化」、「人口爆発」など、
人間を含む生命圏全体の絶滅につながりかねない

危機的状況(人間自らが招いたものですが)

において、まさに大きな

社会的進化・精神的進化

が求められている今、
どのような進化が求められるのかという

理想像

を描くために活用可能であることです。

ラズロー氏も、

“今日わたしたちに与えられた課題は、
 「いかに進化するべきかを知れ」である”

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。