産業界が求める情報システム人材スキルとは

2007.08.20

組織・人材

産業界が求める情報システム人材スキルとは

槇本 健吾
株式会社インサイト・コンサルティング 常務取締役 COO(最高業務執行責任者)

産業界が求める情報システム人材のスキル2007(情報処理学会主催)に光栄にもパネリストとして招待をいただいた。シンポジウムでは、人材育成の経験から導出された5つのスキルを提示したいと思っている。

IT人材の高度化が進めば進むほど、根源性が問われてくる。

インドや中国の強さは、高々と聳え立つハイテク摩天楼の隣に、旧来からの民家や農家が散在するような環境も一役買っていると言える。

そんなグローバルな視点からも人材育成を論じてみたい。
このシンポジウムでは、グローバル対応力もスキルとして提示したいと考えている。

その他、実践から導き出された4つの主要スキルを紹介する予定である。
IT人材の育成に関心のある方々は是非参加を検討してみていただきたい。
定員があるため早めに申し込むことがポイントであると思う。

以下にシンポジウムのプログラムを提示する。

シンポジウム
「産業界が求める情報システム人材のスキル2007」
主催             協賛
情報処理学会         情報システム学会
情報処理教育委員会      経営情報学会
情報システム教育委員会    日本社会情報学会(予定)
               日本情報経営学会
               社団法人 情報サービス産業協会(予定)
               社団法人 日本情報システム・ユーザー協会(予定)
           情報処理学会情報システムと社会環境研究会
               
21世紀に求められる情報システム人材像・・・
情報システムが広く社会インフラの重要な構成要素となり、利用者の要望が多様化し、システムは複雑化の道をたどっています。情報産業界は、ベンダーとユーザを問わず、さまざまな情報技術を導入して利便性を追求しようとしていますが、これに対応できる人材の不足に悩まされています。それを反映して、大学においても、産業界においても人材育成は主要な課題となっていますが、具体的な実践となると、両者の考えや目標レベルはかなり隔たっています。情報処理学会の情報処理教育委員会では、真の人材育成の道を探るために双方が忌憚なく本音で語り合う場として、昨年につづきこのシンポジウムを開催することとしました。
 このシンポジウムが情報産業あるいは情報システムを活用する産業界に情報技術者を送り出す大学の教員、これから社会に飛び立って自らの能力を提供しようとする学生、そして何よりも有用な人材を求める産業界の関係者が共に語り合える機会と場となることを期待しております。ご興味のある関係者の方々のご参加をお待ちしております。(http://www.ipsj.or.jp/12kyoiku/S-edIS2007.html)(準備中)
日時:2007年9月18日(火)13時~17時30分
会場:専修大学神田校舎 7号館(大学院棟)731教室
〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8
http://www.acc.senshu-u.ac.jp/koho/campus/index06a.html
水道橋駅(JR)西口より徒歩7分
九段下駅(地下鉄/東西線、都営新宿線、半蔵門線)出口5より徒歩3分
神保町駅(地下鉄田/都営三線、都営新宿線、半蔵門線)出口A2より徒歩3分
参加申し込み:
氏名、所属、連絡先を明記の上、メールにてお申し込みください。参加人数に余裕があれば当日参加も可能です。
申し込みメールアドレス 宮川裕之(開催担当幹事) miyagawa@shonan.bunkyo.ac.jp
なお、定員(120名)に達しましたら参加をお断りする場合もございますので、あらかじめご了解をお願い致します。
参加費用(当日受付にて徴収):会員・非会員 2000円 

プログラム

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

槇本 健吾

株式会社インサイト・コンサルティング 常務取締役 COO(最高業務執行責任者)

個人と組織の成長を実現するために、真に効果的な人材育成のあり方を追求しています。国際競争力を併せ持つ能力開発を志ます。そのためには多様性を強みに昇華させることが肝要と心得ます。

フォロー フォローして槇本 健吾の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。