静岡県知事に川勝平太氏~「敵に塩を送る」に期待!

2009.07.06

ライフ・ソーシャル

静岡県知事に川勝平太氏~「敵に塩を送る」に期待!

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

静岡県知事に川勝平太氏(前静岡文化芸術大学長)が当選しました。 静岡県民の1人として、有権者の1人として、注目していたこの選挙。 僕自身が誰に投票したか、は別にして、「教育改革」を訴える、今後の川勝氏には期待せざるを得ません。 当確発表直後の会見で見せた「敵に塩を送る」姿勢、是非子ども達に浸透する政策を!

◆本投稿記事は、毎日更新中のZ会ブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。

静岡県知事に川勝平太氏(前静岡県文化芸術大学長)が当選しました。

僕も今日、選挙に行ってきました。
誰に投票したか、をオープンにするのは余り好きではないのですが、記事投稿サイトで記事を書く以上、オープンにしないといけないと思いましたので先に断ります。
僕自身は川勝氏に投票していません。

今回立候補した4名(当選した川勝平太氏の他、坂本由紀子氏、海野徹氏、平野定義氏)のこれまでの経歴について、不勉強で詳しくは知らない中、限られた時間の中で知り得た政策論に注目し、実際に実行できるかどうかは一切抜きに、一番政策論に共感した部分が多かった方に投票させていただきました。

川勝氏の政策論について、共感するところもありましたが、そうでないところもありましたので。。。
そういう意味では、政党云々ではなく、ホントに素の感覚で投票できたと思っています。

結果、川勝氏が当選しました。
当選後の第一声を生中継で拝聴しました。

その声…ほんとの第一声が、戦ってきた他の3名をご紹介した上で、

「戦いは終わりました、ノーサイドです。」

ここから始まりました。

この言葉は聴きながら、素晴らしいと思いました。

あえて穿った見方をします。
パフォーマンスで、多くの県民の心を捉えようとしたのか?と。

いや、心底思っていなければなかなか「第一声」で声に出せるものではない言葉のような気がします。
フツウは応援してくれた皆さんへの感謝の気持ちが先に出るんではないでしょうか。

もちろん、川勝氏、そんな気持ちもある方だと思いますが、それより先に戦友への言葉。

いろいろな人の思いを背負って当選した、という覚悟が伝わってきました。

住んでいる県の知事になる方です、より深く知らなければ、と、いろいろ調べてみたら、松岡正剛氏の記事が出てきました。

記事はこちらです。
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0225.html

記事の最後を引用します。

=====
ところで、これはぼくの勝手な憶測であるのだが、川勝さんには、かつての日本人がどこかに秘めていた「敵に塩をおくる仁義」のような心意気があるようにおもえる。本書や『文明の海洋史観』にたびたびマルクスが登場するのも、そんなところがあってのことかとも見えた。いつか共闘したいとおもっている。
=====

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。