プリッツの「つれてって君」から大いに学んだ!

2009.06.15

営業・マーケティング

プリッツの「つれてって君」から大いに学んだ!

金森 努
有限会社金森マーケティング事務所 取締役

1963年の発売以来、46年にわたって人々から愛され続けているロングセラー商品、グリコの「プリッツ」。そのプリッツが究極の進化を遂げた?

江崎グリコの「プリッツ」は発売以来46年を経た押しも押されもしない、堂々のロングセラー商品である。同じくロングセラーとして商品姉妹商品のような存在である「ポッキー」よりも3年先輩だ。「1粒300メートル」のキャラメルで名をはせた同社が、菓子カテゴリーへ進出を狙った戦略商品であるが、ポッキーと共に見事に看板商品として長きにわたり売れ続けている。

ロングセラー商品、または定番商品といわれるモノが、長い年月を経て人々に愛され、生き残っているヒミツは何だろうか。そんな問いかけをすると、多くの人から「変わらないこと」という答えが返ってくる。
確かに商品を作り続ける上での「こだわり」は不変であってほしいものだ。しかし、商品が生き残っていくためには、時代や人々の嗜好の変化に敏感に対応する必要がある。食品であれば、高まる健康志向に対応して減塩やローカロリーなどに対応する必要がある。また、消費者の嗜好の多様化に合わせて、様々な味のバリエーションが開発され続けているのである。

プリッツが好まれ、売れ続けているのは、一つには食べやすさと食感のよさだ。商品の語源は欧米で食べられている「Pretzel」である。特に米国で食べられているスナック菓子タイプの物が開発のヒントになっていたはずだ。しかし、米国のプレッツェルはあまりにゴツくて固い。かつてブッシュ大統領がフットボール観戦中に喉に詰まらせて倒れたほどに。
それを日本市場に合わせて、ほどよい固さと、指でつまんでポキポキと食べられるように工夫したのがプリッツだ。その形状と食感が中核的な価値である。
その価値を実現する製品の実体としては、様々な味のバリエーションであろう。発売当初「バタープリッツ」という味で登場したが、その後様々な味が開発され、さらにご当地味の展開によって実に多様なバリエーションが市場に投入されることになった。

今回の製品仕様変更は、江崎グリコのホームページにも掲載されていない。深く、静かに進行しているようだ。商品パッケージ変更なので、徐々に切り替わっている。
変更されたパッケージが店頭において目に止まった時のインパクトは絶大だ。例えばコンビニの棚。あなたの目は、棚から見つめる視線に気がつく。そう、このパッケージの意図がわかっている店は、本来的には裏である面を棚の正面に向けて陳列している。パッケージにはつぶらな瞳が描かれているのだ。(次頁画像参照)。
なんだろうと思って手に取り、パッケージを見ると、使い方が描かれている。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

金森 努

有限会社金森マーケティング事務所 取締役

コンサルタントと講師業の二足のわらじを履く立場を活かし、「現場で起きていること」を見抜き、それをわかりやすい「フレームワーク」で読み解いていきます。このサイトでは、顧客者視点のマーケティングを軸足に、世の中の様々な事象を切り取りるコラムを執筆していきます。

フォロー フォローして金森 努の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。