「エコノミー優先時代とエコロジー優先時代」その3

2009.05.17

経営・マネジメント

「エコノミー優先時代とエコロジー優先時代」その3

菊池 功

『エコノミー(経済性)優先時代』と『エコロジー(環境性)優先時代』を論じる3回目である。

『エコロジー(環境性)優先時代』とは、
経済性よりも環境性を重視する時代。

経済発展よりも、環境をより良くしていくことを重視する時代。

企業の売上・利益の向上よりも、環境負荷を低減していくことを重視する時代。

  化石燃料をバイオマス燃料に代えたり・・・、
  廃棄物は出さずにリサイクルを徹底させたり・・・、 
  排水をもっとキレイにして、水リサイクルを徹底させたり・・・、
  土壌汚染をもっと浄化して、地下水汚染を食い止めたり・・・、

リユース・リサイクル等、
環境修復の手法はいろいろ講じなければいけないが、
根本的には・・・・・、
すべての生産・流通・販売・消費・廃棄を減らすことが必要。

つまりは、リデュース(削減)。
まず、すべきは、リデュース。

その後で、リユースであり、リサイクル。

  例えば、CO2排出権の導入でCO2排出量に制限が出るが、
  CO2を出したければ、排出権を買えば良い。
  排出権を買えば、CO2は出せる。
  と言うことは、全体としてのCO2は減りようがない。
  おカネさえあれば、CO2を出しても良いということになる。

これでは、根本的な解決にはならない。
根本的にCO2を減らさなければ・・・。

  使用するエネルギーを減らす・・・
  根本的に、排出するCO2を減らす・・・
  生産量を減らす・・・
  流通量を減らす・・・
  販売量を減らす・・・
  消費量を減らす・・・
  廃棄量を減らす・・・

根本的には、すべての経済活動を縮小せざるを得ない。

そして、どうしても生産・流通・販売・消費・廃棄するのであれば、
それこそ、環境に良い製品・商品を作り、
環境に良い流通の仕方・販売の仕方・消費の仕方・廃棄の仕方を
していかなければいけない。

価格が安いから買う!のではなく、
環境に良いから買う!ようにしなければいけない。

そして、過大に、過剰に、・・・・・、
生産・流通・販売・消費・廃棄をしてはいけない。

これらは、国としての経済的な成長指標であるGDPを
減らすことに直結するのだろう。

そして、企業としての売上・利益を減らすことにも
直結するのだろう。

『エコロジー(環境性)優先時代』にするということは、

  勇気を持って、売上・利益を減らすことでもある。
  もちろん、給料も減る。
  勇気を持って、給料を減らすこと。
  贅沢な暮らしを手放すこと。
  質素な暮らしに戻ること。

ある意味、江戸時代のような生活にせざるを得ない。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。