知っておくべき新入社員4つのタイプ -2009-

2009.05.09

組織・人材

知っておくべき新入社員4つのタイプ -2009-

葛西 伸一
株式会社メンター・クラフト 代表取締役社長

さて今年もまた、新入社員が各部門へ配属される季節が到来してきた。 配属先の上司や先輩社員たちは、次のような疑問をお持ちではないだろうか?

「今年の新入社員の特徴は?」

「どう接したらいいの?」

「どうすれば育てられるの?」

という声を各方面から多数いただくため、今年も2009年度新入社員の分析を実施した。

世間の声の通り、今年度の新入社員は従来の新入社員とは一風違った特徴を持つ。

その詳説は、今月中に掲載予定のコラム「新入社員育成の方程式2009」をご覧いただきたい。

ここでは、4つのタイプが、2009年度新入社員に関してどのような割合を占めているかを分析した。

その分析根拠は、

(1)2009年新入社員意識調査
    ※(財)日本生産性本部のアンケートデーター   
        http://www.jpc-sed.or.jp/index.html
     
(2)実際に今年度の新入社員と接した私自身の体験

(3)新入社員研修を終了した講師陣からのヒアリング

の3つのデーターから次の分析を行った。

まずは、おさらいから。

新入社員のタイプを大きく4つにわけると、
次のように大別できる。
これは、割合こそ入社年度毎に変化するが、
本質的な分類でありこの4つの型は変化しない。

その為、毎年留意すべきは、今年はどのタイプの人材が多く入社したのか?
という点である。

TypeA;トレンディドラマ型
    このタイプは、比較的人から注目を浴びたいタイプ。
    退職リスクは高めだ。
    理想と現実のギャップを知った時に、失望を感じる。
    しかし、理想を目指す分、新たな理想や目標があれば、
    モチベーションが上がるタイプだ。
    理想が現実とは異なることを知ったタイミングで、
    新たな理想(目標)を本人に設定させる。
    40歳でカッコイイ状態ってどんな状態か?
    (例;スポーツカーを乗り回す。クルーザを乗り回すetc..)
    ならば、そのために何をすればいいのか?
    本人に設定させ、承認する。

TypeB;素直成長型
    このタイプは、「職場の仲間」や「友達」を重視するタイプだ。
    退職リスクは低めだ。
    そして、定年まで会社に貢献してくれる可能性が高い。
    お金を稼ぐことの面白さ、仕事とプライベートのワークライフバランス 
    の重要性を説いて常に、上司が対話してあげるだけで、
    長期的に在籍してくれる可能性が高い。

TypeC;安定型
    このタイプは、仕事よりも「家族」や「趣味」に重心を置く傾向がある。
    退職リスクは低だ。
    定時内で必ず仕事を終わらせ、多少の問題や課題は、早く忘れ、
    プライベートを充実することで乗り切るタイプだ。        
    仕事の面白さを経験談などで伝え、高効率処理を徹底的に
    磨き、承認してあげることが大切だ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

葛西 伸一

株式会社メンター・クラフト 代表取締役社長

http://www.mentor-craft.co.jp/ http://www.mba-noryoku.com/ 大学卒業後、大手エレクトロニクス商社に勤務。その後、IT業界、映像コンテンツ業界と15年間の営業・企画・マネージャー等の経験を経て、 2007年4月に(株)メンター・クラフト設立。 豪州ボンド大学大学院 MBA(経営学修士) エグゼクティブ・コーチ(JIPCC認定) 日本コーチ協会正会員

フォロー フォローして葛西 伸一の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。