DSで生活が便利に。任天堂社長と専務がゲーム機の今と未来を語る:2

2009.04.30

経営・マネジメント

DSで生活が便利に。任天堂社長と専務がゲーム機の今と未来を語る:2

ITmedia ビジネスオンライン
“ニュースを考える、ビジネスモデルを知る” ITmedia 編集部

任天堂の岩田聡社長と宮本茂専務は4月9日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見を行った。ビデオゲーム市場動向や海外でのニンテンドー DSiの販売状況、『Wii Sports Resort』の発売日や京都文化博物館で実施されるニンテンドーDSを利用したガイドサービスについても言及。会見の内容を詳細にお伝えする。[堀内彰宏,Business Media 誠]

「いろんなサービスをDSを持ち歩くだけで受けられたらなあ」

宮本 自分の趣味に合わせて『nintendogs(参照記事)』や『Wii Fit(参照記事)』など(のゲーム)を作ってきたことで、「今、僕が何に興味を持っているか」をいつも聞かれます。今、僕が非常に興味を持っているのは、DSを街の中で持ち歩くといろんなサービスが受けられるという環境です。美術館に行って音声ガイドを受けたり、ショッピングモールに行ってちらしのクーポンを持ち歩いたり、地図をもらったり、「いろんなサービスを自分がDSを持ち歩くだけで受けられたらなあ」というのが1つの夢なのです。

 「DSを持っていれば、生活が便利になる」というのが今の僕らのテーマです。大事なことは、ソフトを買わなくても、DS本体だけを持っていればそのサービスが受けられる(ということです)。これを実現するには、(解決しなければならない)テクニカルな問題がいろいろありますが、本格的にゲームを作るのと同じようなエネルギーをかけて、そういう仕組みを作ってきました。

 ちょっと話が昔に戻ってしまうのですが、ファミリーコンピュータがたくさん売れた時に、いろんな業界の方から「この機械をネットワークに使いたい」「勉強に使いたい」といったいろんなオファーがありました。DSも同じく、例えば「病院で使えないか」「学校で使えないか」とか、世界中からいろんなオファーを受けています。

 エレクトロニクスの機械なので、できるようにするのは簡単なのですが、できたとしても使う人が快適に使えないと意味がありません。ですから快適に使ってもらうために、我々はいろんな仕組みを準備して、任天堂がそれをいろんなサービス事業者の方に提供していこうとしています。

 例えば、任天堂のソフトを買ったり、Wi-FiコネクションでゲームしたりできるDSステーション(参照リンク)というサービスがあるのですが、同じサービスをあるお店に行くとできるようにします。また、ショッピングモールにDSを持っていくと、ショッピングモールの地図が分かったり、いろんなお店の最新情報が分かったりというサービスを準備しています。まだ具体的に名前は挙げられないのですが、近々いろんなものが発表されていくことになると思います。

 それからさっきお話したように、美術館や博物館に行ったらガイドサービスを受けられる(システムを開発しています)。京都文化博物館(参照リンク)で 4月28日からサービスを開始します。また、学校や塾で、先生が教室の中でPCとDSを使うだけで生徒に問題を送ったり、生徒がどれくらい理解しているかという情報が得られたりする、すごくシンプルなシステムを作っています。これも、いろんな学校に提供していく予定です。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

ITmedia ビジネスオンライン

“ニュースを考える、ビジネスモデルを知る” ITmedia 編集部

「ニュースを考える、ビジネスモデルを知る」をコンセプトとするオンラインビジネス誌。

フォロー フォローしてITmedia ビジネスオンラインの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。