アカデミー賞のマーケティング的考察

2009.02.24

営業・マーケティング

アカデミー賞のマーケティング的考察

家弓 正彦
株式会社シナプス 代表取締役

本日(2009年2月22日)は第81回アカデミー賞の授賞式でした。 一人の映画ファンとして、とても楽しみにしていましたが、 とても盛り上がったようですね~。 ま、受賞結果はさておき、、、 このアカデミー賞は映画界最大の祭典とも言える大イベントですが、 その歴史は1929年にさかのぼります。 アカデミー賞が映画産業にもたらした功罪について考えてみました。

■ アカデミー賞の歴史

1929年と言えば、まさに「世界恐慌」の年ですよね。
ま、これは偶然ともいえるでしょうが、
1920年代に急成長した映画産業は、はやり不況に強く、
現代風に言えば「安近短レジャー」として、動員が増えたそうですよ。
先日のブログでも紹介したように、オリエンタルランドが過去最高売上を
記録したようですが、今も昔も同じですね。

ま、結局、その後1930年代初頭には、映画産業も苦境に喘ぐようですが、、、

しかし、まさに映画産業の絶頂期にアカデミー賞は企画されたようです。
このネタをブログに書こうと思ったのも、
「映画産業として、市場拡大戦略を狙ったのではないか?」
という仮説があったからなんです。

しかし、、、

事実情報を紐解いてみると、当時映画産業のドンであったMGMの
ルイス・B・メイヤーが組合対策として作られたものだそうで、、、

それが分かった瞬間、「なんだ、、、仮説は空振りか、、、」と
ガッカリしたのですが、当初の狙いはさておき、実質的にアカデミー賞が果たした
映画産業におけるマーケティング効果は絶大なものがあったと思うのですよ。
そして、実際にマーケティング戦略の定石を実行しているところは、
特筆すべきだと、気を取り直して記事を書くことにしました。(汗)

■ アカデミー賞に見る戦略定石(1)

一般に、導入期の戦略としては「市場拡大」を戦略目標とするのが定石です。
当時の映画産業は、すでに成長期に入っていたとも考えられますが、
まだまだ、産業としてはこれからの産業として鼻息は荒かったでしょうね。
そんな中で、華やかな映画界を世に知らしめ、注目を浴びる存在にするには、
アカデミー賞のような大イベントを戦略的プロモーションとして
展開する意義は大きかったに違いありません。

【参考】プロダクトライフサイクルの戦略目標定石
 ・導入期:市場拡大
 ・成長期:シェア拡大
 ・成熟期:シェア維持/利益最大化
 ・衰退期:生産性の向上/刈り取り

市場全体を活性化するためには、業界を挙げての取り組みが必要です。
小さな「企業対企業」の個別バトルをしている場合ではありません。
ブルーレイ対HD-DVDなどの規格競争などをしていては、
市場活性化を妨げてしまうわけですな。(^^)

■ アカデミー賞に見る戦略定石(2)

そんな導入期に重要な役割を果たすのはリーダーの存在です。
実際に、アカデミー賞を牽引したのは創設者メイヤーが
経営するMGMだったと考えられます。
リーダーは、市場拡大の恩恵を最も享受する存在なわけですね。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

家弓 正彦

株式会社シナプス 代表取締役

マーケティング戦略を中心としたコンサルティング、マーケティングに特化した教育プログラムの提供を行っています。

フォロー フォローして家弓 正彦の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。