できそこないの男たちが美しくなろうとするのはなぜか?

2009.01.27

仕事術

できそこないの男たちが美しくなろうとするのはなぜか?

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

分子生物学者の福岡伸一氏によれば、 「オトコ(オス)は、メスが自分の遺伝子を他のメスに  伝えるための‘使いっぱしり’にすぎない」 のだそうです。

本来、生物はすべて「メス」として発生します。

そして、メスだけでも、
自分の遺伝子を単純コピーすることで
子孫を残すことは可能なのです。
(無性生殖)

実際そうしている生物種がいますね。

ただ、同じ遺伝子を持つ子供たちだと、
強力な病原体などが登場すると、
一網打尽でやられ、全滅してしまうかもしれません。

そこで、メスの「できそこない」とも言える

「オス」

を生み出し、自分の遺伝子を他の「娘」のもとに運ばせる。

そして、

「自分」と「その娘」の遺伝子

を交尾によって混ぜ合わせた子孫を残すことで、
多様性を高め、病原菌や他の脅威を乗り切ることができる

「有性生殖」

というメカニズムを発生させたというわけですね。

オスは、他の娘に遺伝子を無事運び終えれば、
とりあえず役割は果たしたことになります。

交尾が終われば早々と死んだり、
メスに食べられてしまう生物がいるのは
この本来のオスの存在意義を表しているといえます。

ところが、多くのオスは、
運び屋としての役割を終えても長生きします。

福岡氏によれば、
これはメスが欲張ったためだとのこと。

オスには、生殖以外にも、
自分を守らせたり、エサをとってこさせたりと、
いろいろと使い道がある。

そこで、オスも長生きさせてもらえるように
なっていったということらしいです。

さて、冒頭に述べたように、
そもそも、生物においては「メス」が主役であり、
オスは単なる運び屋ですすから、どのオスに
自分の遺伝子を託すかはメスが選びます。

メスとしては、
生命力にあふれた美しいオスを選びたい。

クジャクなどの鳥類を想像してもらえれば
おわかりになると思いますが、多くの生物では

オスの方が美しい

のはそのためです。

選ばれるためには、
美しくなければならないから。

ところが、人間の場合、女性のほうが美しく、
また美を追求する志向が強いですね。

これは、女性を上回る体力を持つオスが、
「力」によって地位や財産を築き、
生活力を高めることに成功したからだと
考えられています。

力では勝てず、生活力を持てなかった女性は
男性にしたがうしかありませんでした。

このため、人間においては、
例外的に男性が女性を選ぶ権利を得たというわけです。

古代ギリシャでは、女性は男性のできそこないだと
考えられていたほど。日本でも「男尊女卑」の発想は、
根強いものがありますね。

つまり、人間の場合、
生物の本来のあり方とは逆転現象を起こしたわけです。

しかし、近年、先進国では、強さを求めず、
むしろ自らを磨き、美しくなることを志向する男性が
増加中です。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。