コンテンツ管理システムと権利管理

2008.10.21

経営・マネジメント

コンテンツ管理システムと権利管理

安田 英久
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

CMS(コンテンツ管理システム)はウェブには非常に重要なシステムだ。今日は、そういったウェブ向けの進化が進むウェブCMSに一般的には備えられていない機能のなかで、ぜひ標準的になるべきではないかと思われる機能「コンテンツの権利関係の管理」について述べてみたい。

CMS(コンテンツ管理システム)はウェブには非常に重要なシステムだが、CMSといっても大きく2つに分けられることをご存じだろうか。ウェブで使われるCMSはウェブCMS(WCMS)というカテゴリのもので、それ以外にエンタープライズCMS(ECMS)というカテゴリもあるのだ。ECMSとは、企業内の情報を管理するためのもので、契約書から設計図から企画書から広告図版のラフまで、幅広いコンテンツを管理する。ECMSは企業内コンテンツを扱いつつ基本的なウェブCMSの機能も併せ持つものだが、現在すでに、WCMSはウェブ向けに特化した形に進化しているのも確かだ。

今日は、そういったウェブ向けの進化が進むウェブCMSに一般的には備えられていない機能のなかで、ぜひ標準的になるべきではないかと思われる機能「コンテンツの権利関係の管理」について述べてみたい。

ブログなどからCMSに触れた人は、CMSというとコンテンツを入力するとそれに対応したページが作られるものだと思うかもしれない。しかし本来は CMSとは、コンテンツはコンテンツとして管理し、それをサイト上でどう表示するかについては別途管理するものだ。つまり、「ページを管理する」のではなく、文章や画像などのコンテンツをそれぞれ資産として管理するのがCMSの1つの姿だ。

一方、ウェブサイトの運営には、さまざまな権利の確認や管理が必要になってくる。ウェブサイト制作会社に作ってもらったイラストやタイトルイメージは、別のサイトや印刷物でも使ってもいい契約になっているのか、ライターに書いてもらった事例の記事はパンフレットにも使っていい契約になっているのかなどだ。まだまだこういった著作権の管理をあいまいな状態にしていることも多いようだが、本来ならば個々のコンテンツに対して明確にしておくべきことだ。

そういった著作権などの権利関係を、各コンテンツに対して管理できるような機能は、まだウェブCMSとしては一般的ではないようだ。

たとえば新聞社や通信社がニュースを配信する場合のデータ公開フォーマットとして確立しているNewsML(ニューズエムエル)では、「権利メタデータ」という形で、コンテンツに権利関係の情報を保持する仕様になっている。「管理メタデータ」に含まれる出所の情報を使えば、だれに権利を確認すればいいのかわかるようになっている。

もちろん、雑誌なら出版社のこれまでの管理手法が、映像ならテレビ局のこれまでの管理手法があり、各コンテンツに対する著作権を管理しているだろうから、その場合は、改めてCMSでその情報を二重に管理する必要はない。しかし、その場合でも、ウェブサイトで使っているコンテンツそれぞれに対して、既存の著作権管理のシステムを参照するためのレコードIDなどを管理しておくべきだろう。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

安田 英久

株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業のウェブサイト活用やウェブマーケティングに関するメディア「Web担当者Forum」(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)を運営しています。

フォロー フォローして安田 英久の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。