広告の間接効果測定と行動ターゲティング

2008.10.15

営業・マーケティング

広告の間接効果測定と行動ターゲティング

上島 千鶴
株式会社Nexal ビジネス戦略、Web戦略コンサルタント

ネット広告業界では間接効果測定や行動ターゲティングという言葉が飛び交っていますが、そもそも「間接効果測定」とはどのような測定方法なのか、「行動ターゲティング」は効果があるのかを以下にまとめます。

上記のようにアクセス解析ツールから取得できる情報を元に広告表示を決めるケースが最も多い手法です。

効果検証を行ってみると、
*********************************************************
■アドインプレッション数は少なくなる傾向はありますが、
・CTR(広告表示回数に対してのサイト流入割合)が高い
・CPC(1クリック獲得コスト)が低い
・CVR(目的ページへ至る割合)が高い
・CPA(顧客獲得単価)が低い
*********************************************************
という結果になり、広告の費用対効果は飛躍的に上がります。
(※ただしターゲティングの設定次第ですが・・・)

他に会員cookieを持っている場合は
・過去何の商品を購入したか
・過去購入金額の合計は
などの情報を元に表示有無を決めるものがありますが、これらは広告行動ターゲティングというより、来訪者特性から判別するレコメンドツールとして分類されることが多いです。

上記のように、広告を出稿する際には行動ターゲティングを利用し、社内での効果検証では間接効果測定で検証を行うことが、広告予算の最大効果・最適化を進める上で重要なポイントとなります。

----会社紹介----
株式会社Nexalとは
Nexalは、戦略策定/施策立案、効果検証/改善提案、デジタルマーケティングKPI設計/事業評価を提供する専門コンサルティング会社です。

こちらも参考にどうぞ⇒Nexalの一期一会ブログ

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

上島 千鶴

上島 千鶴

株式会社Nexal ビジネス戦略、Web戦略コンサルタント

ネット×リアルビジネスを最大限効果的に利用するための専門特化型のコンサルティングを提供しています。

フォロー フォローして上島 千鶴の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。