日本唯一、デバッグのプロ集団・
デジタルハーツ社上場への道 2

2008.09.09

開発秘話

日本唯一、デバッグのプロ集団・ デジタルハーツ社上場への道 2

INSIGHT NOW! 編集部
クイックウィンズ株式会社

現代はIT社会。ありとあらゆるデジタル機器にソフトウェアが必ず組み込まれている。プログラムあるところ、必ずバグも存在する。そこで必要不可欠な作業となるのがデバッグだ。日本唯一・デバッグ専業企業として上場を成し遂げたデジタルハーツ社の軌跡を辿る。

第2回
「初めての顧客」

■オモチャでチェックできるよ

「デバッグの会社を始めました」
「何それ?」
「デバッグを専門に請け負う会社です」
「機材は持ってるの?」
「ないので貸してください」
「顔洗って出直してきたら」

さすがに一日中、セールスの電話をかけまくっていれば、それなりに話せるようにはなる。何とか自分たちがデバッグ専業だという説明ぐらいはできるようになったが、そこから先、受注にたどり着くまでにはまだいくつも難関を乗り越えなければならなかった。

「ゲームのデバッグをやるためには、専用の機材が必要なんです。ところがこの手の機材はどれも高価なものばかり。とてもじゃないが我々には手が出ない。完全に行き詰まりました」

ところがセールスを開始してから2ヶ月後、運命の女神は遂にデジタルハーツ社に微笑みかける。

「それが何社目だったのかは、もう覚えていません。少なく見積もっても数百社に電話をかけた後だったと思います。特別な機材はいらないから、一度やってみますかとチャンスをくれた企業さまがあったのです」

デバッグ受注第一号は、今でもデジタルハーツ社の大切な顧客である。大手オモチャ会社のゲームソフトを受託開発している企業で、そのソフトなら市販のオモチャさえあればチェックできるのだ。

「すぐにみんなで指定されたオモチャを家電量販店に買いに行って、その日からデバッグに取りかかりました」

当時の事務所は宮澤氏が借りているワンルームマンション。たまたまロフト付きだったことを幸いに、宮澤氏の生活道具をすべてそこに放り上げてしまい、狭い部屋に20代の若者が6人、引きこもった。そして24時間ぶっ続けでひたすらゲームをする。事情を知らない人が傍で見ていれば、間違いなく異様な光景に違いない。

「とにかく必死でしたね。この仕事で何とか自分たちの力を認めてもらおうと全力で取り組みましたから。可能な限り短時間で、開発者の方に最高に役に立つレポートを出そうと、それだけを考えてやりました」

結果は吉と出る。バイト時代の経験・ノウハウを活かしたデジタルハーツ社のデバッグレポートは、開発者にとってはまさにかゆいところに手の届く内容に仕上がっていたのだ。バイト時代からデバッグのノウハウがいずれ必ず生きる時がくると考え、その蓄積に意識的に取り組んできた成果が出た。

▲インタビュー風景(左から川口氏、経営企画部 IR・広報担当 都筑 百合氏)

■自社の価値を知る

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

クイックウィンズ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。