[BCM]リスクマネジメント/ケーススタディ【災害発生編】2

2008.08.09

組織・人材

[BCM]リスクマネジメント/ケーススタディ【災害発生編】2

荒川 大
株式会社ENNA 代表取締役

BCMを人事・総務の立場から考える「ケーススタディ」の教材のようなものを書いてみました。日々の生活を振り返る道具にしてみて下さい。


人事総務課長のAさんは、9時過ぎに到着した営業アシスタントのCさんの無事を確認して、営業部のBさんを救出すべく固定電話回線で救急車を呼ぶために乾電池を探していました。

Aさんの勤務する◎◎工業株式会社は、全社員300名、本社勤務は80名という中堅メーカー。

「本社勤務が80名で、現在安否確認ができているのが3名。1名は負傷・・・。社長や役員は大丈夫かなぁ? でも、家も広いし、戸建だし、社長は為替のおかげで儲けているからって家を建て替えたばかりだから、到着を待つだけかな。」

倉庫から乾電池を見つけ、固定回線に繋がる電話にセットして、電話を試みるも回線が繋がらない・・・。

「ったく、税金を払っているのに、こういうときに活かせなかったら意味無いよな・・・」

とつぶやきながらも、Aさんは会社までの道のりで見かけた潰れた家屋からの救出活動を行っている消防隊員のことを思い出しでいた。

「そうだ、社用車でBさんを運べばいいんだ。」

搬送先は、会社から一番近い救急病院。車で10分くらいだな。途中には橋はないから、あとはビルが崩れて道をふさいでいないことを祈るだけか。あとは・・・

「病院に先に連絡が入れられればいいんだけど・・・」

そんなことを考えながら、まずは安否確認ができた人だけの生命が大切だからと、まずはBさんの救出を始めることにした。

「Bさん、その足が挟まれている時間はどれくらい?」

「え~っと、7時頃からだから2時間程度ですね。感覚が無くなってからは1時間ちょっとくらいだと思います。」

まずは、クラッシュ・シンドローム対策として、タオルで挟まっている箇所の上をきつく縛り(でも動脈はふさがないように固めず・・・)、それから倒れているキャビネットを起こして、担架は無いから、カーテンに載せて引きずって正面玄関の社用車に乗せて運ぶことにして・・・

「よかった~。誰もいなかったらどうしようかと思っていたんです。」

そう声をかけてきたのは、システム部の主任のDさん。

「その方は?」 Dさんの問いに 「Dさん、営業部のBさんだよ。」 と勤続5年超の二人なのに入社年度が違うとそれも分からないのか・・・と日々のマネジメントのありかたを反省しつつ、Bさんの搬送を手伝ってもらう。

「Aさん、誰か会社に残っていた方がいいんじゃないんですか?」というDさんの問いに。

いま居るのは、人事総務のAさん、営業部で負傷しているBさん、営業アシスタントのCさん、システム部のDさんの4名。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

荒川 大

荒川 大

株式会社ENNA 代表取締役

企業実務(総務・人事・法務・社内システム等)におけるコンプライアンス対応について、企業実務者の観点からの業務改善、内部統制対応等の支援を行なっております。

フォロー フォローして荒川 大の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。