幻の自販機、「ジョージアカフェマティック」を初体験!

2008.07.07

営業・マーケティング

幻の自販機、「ジョージアカフェマティック」を初体験!

伊藤 達夫
THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

大学時代に所属していたサッカー部のイベントで、久しぶりに東大に行ってみました。あいにくの雨だったのですが、そこでジョージアカフェマティックを発見!2004年7月からジョージアが投入している自販機ですが、設置台数は少なく、幻の自販機と言われているその自販機の実力を思い知りました。

 みなさんは、ジョージアカフェマティックという自動販売機をご存知ですか?

 おそらくほとんどの人は知らないはずです。設置台数が非常に少なく、見つけることが困難な自販機だからです。

 画像は↓ですね。

 これ、すごいです。

 紙コップに注いで出てくるタイプの自販機なんですが、筐体には、

-----------------------------
 “いつもあなたのすぐ近くにあるカフェ”をコンセプトに、従来のカップ自動販売機の機能やイメージを一新し、消費者の味へのこだわりや嗜好の多様化に応えるべく、フローズンドリンクやフレーバートッピングなどの本格的なカフェメニューを提供します。
-----------------------------

 と書いてあるのですが、おそらくほとんどの人の近くにありません・・・。ジョージアのIRでは、2004年末、1000台設置予定とありますが、おそらく、全国で1000台ないのでは・・・。

 そうすると、全国に自動販売機は560万台あるそうなので、もし1000台しかないとすると、出現率は0.01%~0.02%です。確かに幻ですね。

 さて、これはどうすごいか?

 タッチパネル操作で、メニューを選びます。例えば、カフェラテを選ぶとします。

 そうすると、エスプレッソの濃さ、ミルクの量、砂糖の量、フタの有無、などを選ぶことができます。

 え、そんなのたいしたことないじゃん、と思います?

 そして、全て選択が終わると、コーヒーを作り始めます。

 そうすると、なんと、今、コーヒーを入れています、今、砂糖を入れています、というのが、自分が選択した量と共に表示されます。

 けっこうきれいなモニターで表示されるので、つい見てしまいます。意外と、長い時間なのですが、飽きずに見てしまいます。

 作っているとき、友人が一言

「これ、ジョージアだったら演出のためだけにやりそうだよね。本当に砂糖を入れているかなんて、確かめようがないし。本当に量の選択をしているかも怪しいよね。」

 と。

 この、大仰なタッチパネルから何から、全て演出だとすると、

 「なんと手間のかかることを・・・」

 となりますが、これ、見つけるともう一度やってみたくなります。

 ついつい、この自販機で買いたくなり、特に要らないのに3回も買ってしまいました・・・。

 「演出」に見事にひっかかってしまっています。

 私の好きな言葉に、「対面セールスの極意は演劇である」という言葉があります。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

伊藤 達夫

THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

THOUGHT&INSIGHT株式会社、代表取締役。認定エグゼクティブコーチ。東京大学文学部卒。コンサルティング会社、専門商社、大学教員などを経て現職。

フォロー フォローして伊藤 達夫の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。