アイディアを生み出す鍵は「経験データベース」

2008.05.14

仕事術

アイディアを生み出す鍵は「経験データベース」

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

「斬新なアイディア」を次々と生み出せるようになりたい! これは、私にとって長年の夢。 なかなかできるようにならないのが残念です・・・

しかし、どうやったら
アイディアを生み出すことができるかという

「基本原則」

はわかってきました。それはとてもシンプル。

「火のないところに煙は立たぬ」

です。

インプットなくてアウトプットなし。
空っぽの頭でいくらうんうん唸っても、
何にも出てきやしません。

なによりも先に、
アイディアを生み出すための土壌となる

「知識」

が豊沃でなければならないのです。

ここで言う「知識」とは、あなたの頭の中に

「記憶」

として留められたもののこと。

最近は、ネットの検索エンジンで
豊富な情報が簡単に引き出せますよね・・・

しかし、検索テクニックをいくら磨いたところで、
アイディアを生み出すことには必ずしもつながりません。

なぜなら、どんなに豊富な情報を集めたとしても、
ただ自分の体を素通りさせてしまうだけなりがちだからです。

自分の記憶にとどめるためには、
様々なメディアや人々を通じて得た情報について、

「へぇ・・・そうなんだ」

と心を動かし、

「どうしてこうなんだろう」「なぜこうなるんだろう」

としっかり自分の頭で考える。
また、実際に自らの5感で体験してみる。

こうして自分の記憶に留められた

「知識」

という土壌を拡大し、耕し豊沃にしていく。

アイディアづくりは
日々の地道な土壌づくりから始まるというわけです。

電通出身のクリエイティブディレクター、コピーライター
の山本高史氏は、最新著作「案本」の中で、
私の言う「土壌」と同じ意味で、

「水がめ」

という言葉を使っています。

“自分の頭の中に「水がめ」がある。その中には「水」が
 満ちていて、それはどうも「アイディアの源」のような
 ものらしい。アイディアの源の水を汲んで、発想する。
 広告表現を考える。コピーを書く。”(案本、P67)

“「水がめ」の水を、「アイディアの源」のようなものと
 漠然と認識していたが、いまはそれが「経験データベース」
 であることを理解している。この「経験データベース」は、
 「経験=知ること」によって満たされていく”(案本、P68)

なるほど。山本氏の説明は実にわかりやすいですね。

土壌、あるいは水がめの正体は、

「経験データベース」

なのです。

そして、山本氏もまた、

「経験データベース」

を満たすためには、「意図的」に経験を増やすことが
必要だと指摘します。

“なにげなく経験を繰り返したところで、
 それは積み重ならない。ぼくらはたいていのことを
 忘れてしまうからだ。”(案本、P82)

そして、「経験」を次のように定義しています。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。