最後の恋のはじめ方

2007.05.02

ライフ・ソーシャル

最後の恋のはじめ方

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

ゴールデンウィークの谷間、いかがお過ごしでしょうか? 私はバリバリと仕事をしております。 とはいえ、ちょっと肩の力は抜きたいなあ・・・という気持ち。

また、昨日は、現地で映画の買い付けや制作の仕事に関わっている
LA駐在員の古い友人に数年ぶりに会い、旧交を温めてました。

というわけで、たまにはお勧め映画をご紹介。

『最後の恋のはじめ方』(原題:HITCH)

この映画は、私も友人に勧められて見ました。
知られざるラブコメの佳作といったところ。

シナリオがよくできてます。主演のウィル・スミスやっぱり面白い。
脇を固める共演者たちも、いい味出してますね。

さて、ウィル・スミス演じる「ヒッチ」(HITCH)はデートコンサルタント。
もてない男性に対して「恋の手ほどき」をしてあげるのが商売です。

そして、今回のクライアントは会計士のアルバート、30歳くらい?

ちょっと太めのぱっとしない外見、何をやっても不器用な彼が、
取引先の魅力的な女性、「アレグラ」に恋をします。

彼女は親の莫大な遺産を受け継いだ、いわゆるセレブな人。
アルバートにとっては高嶺の花です。

それでも、彼女のことを思うと夜も眠れないアルバートは、
思い切ってヒッチにコンサルティングを依頼しました。

さて、ヒッチが支援することにしたアルバートの恋の行方はいかに・・・

これ以上のストーリーは見てのお楽しみということにしますが、
このドジなアルバートがなんともかわいいんですよ!

彼は、確かにあまりもてそうなじゃないし、
女性との付き合い方がよくわからない、「いるいる、こんな人」
というタイプ。

でも、恋には一途。
また、「誠実」なだけじゃなく、実は言うべきことはズバリと言える
「勇気」と、セレブ社交界のいやみでスノッブな連中を煙に巻ける
「ウイット」、そして、「キュートな口びる」(見ればわかります)を持つ、
実に魅力的な人物です。

そんな「いい奴」をなんとか幸せにしてあげようととがんばるのが
ヒッチなんですね。

ヒッチは、女性のことが本当に好きな男性だけしか助けない。

「行きずりの相手と寝たいから、どうにかしろ」

などという性悪男の仕事の依頼はきっぱり断る。
プロとしての矜持があります。

ところで、HITCHの恋の手ほどきですが、「うまく口説く方法」
というよりは、むしろ「きっかけの作り方」や「失敗しない方法」
を中心に教えています。

うまくいくかどうかは、結局は当人同士の相性ですし、
変によく見せようとしてもいつかはボロがでる。

おそらくヒッチはこう考えているんでしょうね。
クライアントの男性が持つ本来の個性をそのまま相手に出すことは
否定しないのです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。