使われる方から使う方へ~マクドナルドのトクするケータイサイト

2008.04.09

営業・マーケティング

使われる方から使う方へ~マクドナルドのトクするケータイサイト

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

昨日、マクドナルドの「トクするケータイサイト」のリニューアルのお知らせがケータイに届きました。メールの内容を簡単に示します。


◆本投稿記事は、毎日更新中のブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。

=====
・4月22日(火)に新しいサイトでのサービスを開始する
・引き続き昔のサービスを利用したい場合は新しいサイトへの登録が必要
・新サイトへの登録は21日(月)まで。それまでに登録されない場合はサービスが利用できなくなる
・新サイトへの登録は簡単
=====

“新たなサイトに登録するのに期限があるの?22日以降新規勧誘は?”
“8日~21日という「2週間」という期間は短くない?”
※携帯会員なので2週間たったメールはわからなくなりますけど…1週間おきに4回くらい(移行期間1ヶ月として)メール送ってもそんなにうざくないんではないですかね。

…などなどの疑問が浮かびつつも、マックのケータイクーポンはよく利用していましたので、すぐに登録処理へ。
そして、

「登録は簡単、なんてウソだー!」

“複雑”というほどのものではないですが、巷のケータイ登録システムの中では、割と個人情報を聞かれた方でした。
※なんと子どもの「生まれ年」だけではなく「生年月日」として聞かれてしまい…。

それでも、登録。

どれだけ個人情報を登録しようが、ケータイクーポンの魅力に負けた形ですね。
でも、「マクドナルドのケータイサイトが初めてできあがり、その存在を初めて知った」ときにこんな登録の仕組みであれば、多分僕は途中で登録を止めちゃいます。

ここにマクドナルドの、「使われる方」から「使う方」への見事なスイッチ戦術があります。

1.まずはお客さん自身に、ケータイサイトの利便性を知ってもらい、お客様自身の過去→未来におけるスイッチングを妨げる。

お客様は最初の段階で、形のないサービスの価値を知りません。
※知る=感覚的につかむ、という意味合いで。
まずは価値を与える。
価値を知り、利用したい、と思ったお客さんは、その後のいかなるサービスの変更にも自らキャッチアップしていこうとする…
上手ですよね、この人間心理を巧みについて。

マクドナルドのマーケティングがすごいところは、これを「戦略」の中での「戦術」にしっかり落とし込んでいるところです。
サービスインの当初から自社の必要な情報をありったけ取ろうとする企業は問題外として(苦笑)、「最初のうちはお客さんに価値を与え、サイト自体が話題になることをやりましょう!」という、顧客心理をわかっている企業は、「戦略」がないことが多々あります。
要するに、価値を与えて、はいそれだけ、みたいな。
しかも価値の与え方も中途半端で、盛り上がりに欠いてしまうケースも多々。

次のページ2.多くのお客さんを囲い込むことで、「やらないと損」と...

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。